シロギス

2019年7月14日 (日)

中ダコ、小ダコ、中小ダコ

 Img_20190714_172304612x816 今日も懲りずにクリーンセンター裏に行ってきました。夕方から短時間。雨だったので人影もまばら。

 いつものようにロング・サーフでエギを75メートルほど遠投して、ほかの人が探っていないポイントを狙う作戦です。 一軍エギを根掛りで無くしてしまっていたので、ピンクエギを中心に投げていると、なかなかアタリがありません。

 でも、諦めずに30分ほど遠投を続けていると、いきなりガガガ、のアタリが来ました。ググっと合わせて、途中まで引っ張ってきたのですが、無念のバラし。昨日の経験だと、このタコは同じポイントにエギを通せば、何度でもアタックしてくるはず。すぐに仕掛けを巻き上げて、再び遠投すると、来ました!

 しかも、重い。でも、通算3匹目なので、慣れたもの。グリグリ巻いて、500グラムほどのマダコをゲット。昨日よりちょっと小さいですが、なかなかのサイズです。

 心に余裕ができて、次は100円のダイソーエギでチャレンジ。ポイントを移動しながら1時間ほど投げ続けていると、再びヒット! ゆっくり巻いていたら、ガツンときました。これはやや小ぶり。生かしておいて、あとでリリースですね。

 この日のクリーンセンター裏は活性高く、他の人もポツリポツリとタコを釣り上げていきます。次のエギはマーブル下地のピンクかな。アオリイカの鉄板エギです。巻き上げは、ごくスローがいいみたい。遠投してゆっくりゆっくり巻いていると、すぐに来ました!

 これは350グラムぐらいのサイズ。結局この日は2時間30分ほどで3匹。浦安のマダコ、陸っぱりからまだまだ楽しめそうです。

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

まだタコはいる

Img_20190713_094444864x1152

 東京湾で爆湧きとなっているマダコは、まだ陸っぱりで釣れるのか。12日に地元浦安の状況を確認してきました。午前8時過ぎに現着すると、クリーンセンター裏はなかなかの人出。どのポイントも既にリサーチされた後みたい。

 ならば、さらに奥地へ。前に目をつけていた場所でやってみることにしました。クリーンセンターから歩くと30分はかかるので、人影はまばらです。

 で、今回は鳥の胸肉を持参。エギに巻き付ける餌巻きエギで挑んでみました。皮の部分を結束バンドで固定。でも、遠投するとすぐにずれてしまいます。

 ならば、と、この前、タコをひっかけた実績あるピンクエギに変更。グググググ。ほどなくアタリがあり、巻き上げてくると、海面に現れたところで痛恨のばらし。このエギ、タコのお気に入りのようで、タコがさわったようなアタリが何度もあります。

 でも、カンナにかからない。何度かのやりとりのすえ、ついに竿が大きく弓なりに。すごい重さですが、前回経験済みなので、ゆっくり確実に巻いて、タコをゲット! 家に帰って計ったら550グラムもある立派なタコでした。幸先の良いスタートです。

 で、ちょっとずつ場所を変えながら、エギを遠投していると、仕掛けが底に着いたとたんにガツンと言うアタリが。またも竿が弓なりに。でも、今度はびくともしません。でも、根がかりとは明らかに違う感じ。5分ほど竿を曲げたままテンションを抜かないようにしていると、ふっと軽くなってしまいました。エギを回収すると、足の先の先だけが切れて引っかかっていました。

 無念。足の先は細かったですが、大きなタコだったような気がします。

 でも、良かったのはここまで。お昼が近くなると、アタリは遠くなり、ほぼ沈黙。「夢よもう一度」と粘りましたが、気配すら感じ取れませんでした。まあ、陸っぱりから、このサイズが1匹取れれば、十分なのですが・・・

 なんだか消化不良なので、帰りがけに、いつものポイントでシロギス釣り。7月に入っても順調そのもの。ほぼ入れ食い。サイズも16~18センチが中心になっていました。まだ冷凍庫にたくさんキスが入っているので、6匹ほど釣って納竿。

 まあまあのタコにシロギス。陸っぱりでこんなに釣れてしまうと、船に乗るのがおっくうになってしまうかも。シロギス、この感じだと、青潮さえ来なければ、7月一杯ぐらいは楽しめそうな気がします。

 長文になりました。それでは!

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

陸っぱりからついにタコ

Img_20190629_165958  今週末も懲りずに浦安・千鳥にシロギス釣りに行ってきました。消波ブロックにぶつかってシロギスの取り込みに失敗することが多いので、思い切って5.3メートルもあるダイワの投げ竿ロングサーフを購入してみました。

 この日のシロギスはちょっと渋い感じ。90メートルぐらいのところでアタリがあるのですが、なかなか針にかからず、近場ではアタリがありません。

 まあ、ロングサーフの試し釣りができればいいかと、周囲を眺めながらのんびりとやっていると、右手の少し離れた場所でエギを投げていた人が、タコらしきものを釣り上げた様子。!!!

 シロギスが低調なので、私もエギを投げてみることに。投げ釣り用の天秤の先に、手持ちのフロロ8号を80センチぐらいつなぎ、その先に、ピンクのエギを装着。タコ用もあるのですが、根掛りすると嫌なので、カンナが小さなイカ用をセット。ぶん投げてみました。

 天秤は20号と重いので、楽々70メートルぐらい飛び、そこから、エビが動いているように竿先を動かしてみると、なんだか重みが。合わせてみると、竿先が重い。根掛りか?? でも、巻けないほどハンドルが重いのに、なぜか糸を巻き取れるんです。根掛りだったらこんなことはないはず。

 ひょっとしたら・・・と、リールを巻き続けるのですが、とにかく重い。なんとか糸が緩まないようにと巻き続けると、タコらしき物体が海中に見えました。!!!! 5.3メートルの長さを生かして慎重に抜き上げると、いいサイズのマダコ。この前、マダコの乗り合い船に乗ったのですが、その時釣ったのよりでかいかも。

 や、やりました! 浦安の陸っぱりから初のマダコ、ついにゲットできました。青潮ですっかりいなくなってしまったと思っていたマダコ、まだいるようです。アドレナリンは大放出。陸からマダコが釣れるなんて、二度とないかもしれないので、また、狙ってみようと思います。

 ちなみのこの日のシロギスは10匹。長竿のおかげで、消波ブロックでのポロリはゼロでした。長いので重いですが、取り込みのストレスが無いのでなかなかいいかもしれません。

| | コメント (0)

2019年6月22日 (土)

シロギスは絶好調

Img_20190622_142439 2週間ぶりのシロギス調査に行ってきました。場所はいつもの浦安・千鳥。この10日ほど前に青潮が発生したとのことで心配しましたが、シロギスの釣れっぷりは問題なし。大きさも天ぷらサイズになってました。

 一方、堤防からのエギタコは空振りに。陸からボートからと狙う人多数でしたが、釣れている様子はありませんでした。

 久々に好釣のシロギス釣り。この分ならまだまだ楽しめそうです。

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

タコフィーバーに沸く

 浦安の護岸からタコが釣れる? シロギスを釣っていて、仕掛けにタコが絡まってくることが今年は度々ありました

 どうやら今年はタコのわきがいいみたい。エギで爆釣している動画も流れているようで、釣友の間で話題に。地元住民として、さっそく調査してきました。

 平日なのに、高洲海浜公園には釣り人がずらり。なのに、誰も竿を曲げている様子はありません。

 うーむ。遅かったかも。私がシロギス仕掛けでタコを釣ったのは2週間も前だったので、すぐに行動を起こすべきだったかも。

 結局、2時間ほどエギを投げて、アタリらしいアタリはありませんでした。残念。でも、浦安の護岸からタコが釣れるなんて滅多にないので、場所を変えながら調査を続けてみようと思います。

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

今日も好釣

 夕方からシロギス釣りに行ってきました。場所はいつもの近所のクリーンセンター裏です。先週土曜日の模様はいまひとつだったのですが、一転して今日はいい感じ。75メ ートルほどのかけあがりでほぼ毎回アタリがありました。

 ダブルやトリプルの時も。サイズも15センチ前後が多く、ピンギスもだいぶ育ってきたのかな。相変わらず消波ブロックにぶつかってシロギスがサヨナラしてしまうケースも多かったのですが、それでも2時間で13匹がクーラーに収まりました。

 近場のシロギス、まだまだ好調みたい。しばらくは楽しめそうですよ。

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

今週末のシロギス

土曜日も朝からシロギス調査に行ってきました。場所はいつものクリーンセンター裏です。

午前7時に現着すると、すでに帰り支度をしている人が。嫌な予感。

釣りを開始すると、確かにこの日はポツリポツリでした。夕方まで粘って5匹のみ。でもアタリは飽きない程度にありました。

アタリがないと飽きるので、ジャリメを1ぴきつけてアピール力アップ。その分、針がかりが悪くなってしまいましたが、まあそんなもんでしょう。

少し沖には青潮っぽい水の塊もできているようです。今のうちに目一杯楽しみたいと思います。

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

今日もシロギス調査

Img_20190526_164428 今日も夕方にクリーンセンター裏(電波塔)にシロギス調査に行ってきました。午後4時から3時間ほど。消波ブロックにぶつかってサヨナラするケースも多かったですが、50〜75メートルほどのポイントに投げ込むと、アタリはほぼありました。やっぱり今年は久々の当たり年のようです。

 私が釣りにはまったのも、ここでの投げのシロギス釣りがきっかけ。当面は地元で楽しみたいと思います。

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

シロギスの模様はやや下火に

Img_20190525_112950今週末も好調のシロギス釣りに行ってきました。地元の浦安では、日の出、高洲、千鳥とどこでもシロギスが釣れているようですが、高洲海浜公園を選んでみました。例年より早く、5月に開幕したシロギスですが、常連さんに聞くと、ここ数日は模様が思わしくないとのこと。

午前7時30分から釣りを始めると、確かにポツリポツリの釣りでした。この日のポイントは75メートルくらい。午後2時過ぎまで釣って、ツ抜けが精一杯。まあ、こんな日もありますね。

一方、なぜかタコが絶好調。釣友と合わせて3匹も針にかかりました。風はそよそよ、晴天の気持ちいい1日となりました。

 ちなみに、秋にサヨリで賑わう対岸の日の出には、人が通れないように新たにフェンスが張られていました。境川沿いの狭いエリアが開放された一方で、総合公園沿いの広いエリアはフェンスに遮られ、かなり遠回りしないと降りられないようになっています。このエリアは順次開放されて、護岸に降りられるようになると聞いていますが、しばらくは釣り辛い日が続きそうです。

 この日釣れたピンギスには15センチ近くのものもいて、順調に育ってきているようです。青潮になる前に、まだまだ楽しみたいと思います。

 

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

シロギスが開幕

Img_20190519_161636864x1152_2  久しぶりの更新です。朝、地元のクリーンセンター裏をランニングしていると、多くの釣り師が。聞けば、すでにシロギスが開幕しているとのこと。しばらく眺めていると、シロギスがポツポツと上がっていました。これは、行くしかないでしょう。

 で、夕方になってまずは福弘釣具店に。ジャリメと仕掛けを買って、状況を聞くと、今年のシロギスはいいみたい。日の出では先週、サヨリがたくさん釣れたそうです。

 居ても立ってもいられず、釣り開始。4色(100メートル)ほど投げて、3色(75メートル)ほどまで仕掛けをさびいていてくると、すぐにブルブルのアタリ。ほとんど引かないので疑心暗鬼にリールを巻くと、いきなりダブル。テンションが上がります。

 でも、アタリは3色付近で毎回ありますが、針がかりしない! どうやら、市販仕掛けの針が大きすぎたようです。でも、自作の仕掛けはなく、そのまま続行。それでも数回に1回は針にかかり、10匹釣ったら止めようと続けていたら、2時間30分ほどで達成。最後はダブルだったので11匹となりました。

 この調子だと、今年のシロギスは期待できそうです。タックルがヘビーデューティーなので、船釣りのように引きませんが、今度は仕掛けを自作して、また、気分転換に行ってみようと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧