シロギス

2018年7月28日 (土)

シロギス釣りで傷心いやす

Img_20180727_134742_1
 ジギングでヒラマサを狙うようになって釣果がぱっとしなくなった昨今。この前、鹿島まで行ってオデコだった傷心をいやすため、先日、シロギス釣りに行ってきました。お世話になったのは、地元の吉野屋さんです。

 シロギスはよく「初心者の釣りもの」と言われますが、たくさん釣ろうと思うと、タックルの性能と釣りの腕がものをいう世界。でも、竿頭が100匹なら30匹は釣れるだろうと皮算用してみました。

 この日は釣友と2人。釣友はなんとハーレーに乗ってやってきました。すごい。クーラーボックス載せられる荷台付き。

 おまけに吉野屋さんはリフォームされていて、ピカピカに。トイレもきれいになってました。外に竿を洗える流しまであります。ますます至れりつくせりな感じになってました。

 で、この日は、右舷大どもに。釣り客16人ほど。相変わらずの繁盛ぶりです。

 タックルは、アルファタックルのキス専用竿海人に、スピニングリールのバイオマスターc3000。糸はPE1号を巻いてあります。

 まずは木更津沖から。北風の下げ潮だったので潮先。最初は天秤仕掛けでやってみることに。30メートルほど投げて誘うと、ほぼ入れ食い。16センチ〜18センチぐらいのシロギスが中心ですが、樽に次々とシロギスがたまっていきます。

 午前10時30分ごろの潮止まりに近づくにつれ、さすがに食いが落ちてきて、アタリはあるのですが、なかなか針にかかりません。上げ潮にかわって潮ケツになってしまったこともあり、ポツポツの感じに。
Img_20180728_084025

 ここで胴付き仕掛けに変更し、幅広く投げてじっくりとアタリを待つことにしました。胴付きはアタリがダイレクトなのでおもしろい。アオイソメ1匹をちょんがけすると、なかなか針にはかかりませんが、そこそこのアタリがあります。吉野屋さんのお弁当食べたりして、ちょっとづつ拾い釣りをしながら、活性が高まるのを待ちました。

 正午前でしょうか。船長さんは富津沖への移動を決断。ここでもポツポツのアタリでしたが、ちょっと型がよくなって、20センチ超が混じるように。納竿前にはまた入れ食いに近い感じになりました。

 アタリの多い日にいろいろやっていて気がついたのですが、シロギスの前アタリを感じ取るのはやっぱり難しい。

 なんとなくの感じで細かく仕掛けを動かすと、餌を食べていたシロギスが引っかかる。その繰り返しを続けると、釣果が伸びました。前アタリにこだわらず、少し仕掛けを止めて食べる間を作った後に、本アタリを出してかけていく感じがいいのかも。そのうち前アタリが分かるようになるのかもしれません。

 最終的な釣果は75匹。束釣り(100匹)とはいきませんでしたが、なんと竿頭に。達人が乗っていなかったからだと思いますが、大満足の釣果となりました。

 ジギングの傷はすっかりと癒えたかも。また、いろいろとチャレンジしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

2018年、今年の浦安のシロギスは?

Img_20180716_163833
 3連休の最終日。久しぶりに地元・浦安でシロギスの投げ釣りをしてきました。例年ならシーズン盛期のはず。1匹でも釣れるといいのですが・・・

 この日は午後1時30分ごろが干潮だったので、上げ潮狙いで午後2時ごろに現場着。・・・閑散としています。

 海は若干チョコレート色で、南風。75メートルから100メートルぐらいまで投げて、仕掛けをゆっくりとさびきます。

 時々アタリがあったり、餌が無くなっていたりはするのですが、うまく針がかりしません。シロギスっぽくなく、なんだろうと思っていたら、10センチぐらいの小さなセイゴが1匹だけかかりました。

 午後4時過ぎまでやってみて、納竿。ゴールデンタイムの早朝に釣っていないのでなんともいえませんが、今年もあまり期待できないかも。

 浦安のシロギス、どこへ行ってしまったのでしょうか・・・まあ、すぐ近くなので、また調査してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

強風のシロギス その2

Tmp_1499920034757
 結局、船は袖ケ浦沖の岸壁沿いを流すことに。この日は強い北風で、岸側に向くのは左舷のみ。右舷だと沖にしか投げれません。

 終盤になって、天秤仕掛けから胴つき仕掛けに代えると、強風でもアタリが取りやすくなって、連釣できるようになりました。でも、気が付くのが遅かった。

 午後2時40分、結局24匹でタイムアップ。右舷では結構釣った方だと思っていましたが、この日の竿頭は88匹とのこと。・・・シロギス釣り、奥深し。

 この日の反省点は、風対策での仕掛け変更の遅れと、餌のたらしが長すぎたことでしょうか。ついついアタリを出したくて、6センチぐらいにしたら針がかりが悪くなってしまいました。久しぶりの青イソだったので、小さな針への餌付けにも手間取る始末。

 シロギス釣りを楽しむなら風が弱いときですね。しかも、袖ケ浦のコンビナート沿いより、もう少し沖目で気持ちよく釣りたいなあ、と思ったりしました。

 シロギスは相変わらずテクニカル。今度は準備を万全にして、また行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

強風のシロギス その1

Photo
 この前は、鹿島まで行ってフグ1匹。もやもやを払しょくするために、地元・浦安からシロギス釣りに行ってきました。現在、ちょっと早めの夏休み中。禁断の平日釣行です。

 実は前日深夜まで、ルアータチウオにしようか、シロギスにしようか、それとも行くのをやめようかと迷い、結局、シロギスに。赤潮が気になったのですが、出船が午前7時30分と遅いのが決め手になりました。

 午前6時40分ごろ吉野屋さんに着いて、右舷ミヨシ2番をゲット。といっても片舷5人なので、ほぼ真ん中ですが・・・午前7時30分過ぎに出発すると、船は1時間ほど走って木更津沖へ。

 この日はかなり風強く、投げてはみるものの、アタリがさっぱりわかりません。戻ってくるとエサはなし。??? それでも短時間で2匹ほどゲットすると、船長さんは大きく移動の決断。何かいい情報が入ったみたい。 20分ほど走って長浦沖へ。

 岸壁のすぐ近くのこなや丸がやっていたポイントに入るも余計なつれ方なし。風はますます強くなっていきます。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

浦安のシロギス

1496587370551.jpg
 今週末は地元浦安・千鳥にシロギス調査に行ってきました。今季初です。

 過去の経験では早朝に釣れることが多いんですが、船釣りが中心になって、数匹釣れれば御の字の投げ釣りで早起きするのがおっくうになってしまいました。で、土日と夕方に行ってみました。

 土曜日は偵察のみ。夕方なので人影はほとんどなし。朝釣れてても夕方はこんなものなので、日曜日に竿を出してみました。

 午後5時から1時間ほど。投げ釣りの人はほかに一人だけ。この日は南風の向かい風強く、いいコンディションとはいえません。

 結局一度も魚信なく、納竿となりました。もう一人の方も同じだったと思います。

 早起きして試してみないと何ともいえませんが、千鳥のシロギス、まだまだのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

シロギス釣れず

Img_20160710_190603_867
 土曜の朝と日曜夕方に千鳥のシロギス調査結果行ってきました。近場にシロギスは寄ってきていないようで、ギマ1匹、エイ1匹の貧果に終わりました。

 見ている限りでは釣れてる人おらず。沖に出る船の釣果ももう一つのようで、今年のシロギスは渋いのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

久しぶりのシロギス調査

Img_20160703_172110
 久しぶりのシロギス調査に行ってきました。場所は浦安のクリーンセンター裏です。

 夕マヅメを狙って現着すると釣り人は数人のみ。この分だとシロギスの接岸はまだのよう。

 でも青イソメも買ってしまったので、とりあえずキャスト。久々なので75メートルほどしか投げられませんでしたが、サビいてくると毎回餌は綺麗に無くなってました。

 何かいる。50メートルほどの場所で仕掛けを止めるとようやく針がかり。なんと20センチほどのイシモチでした。その後もイシモチらしき魚がかかりましたが、痛恨のハリス切れ。2時間ほどで撤収しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月31日 (金)

湾奥のシロギスの放射能を測定

20120831_115619
 河口付近に放射能のホットスポットが点在していると、NHKスペシャルで報じられた浦安。そこで釣れたシロギスは、放射能に汚染されているのでしょうか?

 市場に出回らず、行政が測ることもないので、個人で調べてみました。検体は、浦安・千鳥でこの6月から8月にかけて釣ったシロギスです。

 お世話になったのは、西日暮里にある日暮里放射能測定所「にっこり館」。500ミリリットルの30分コースにしてみました。

 セシウム137と134を合わせて7.8ベクレル/キロ以上なら測定できるとのこと。作業自体は、ミンチ上にした検体を丸いタッパーに入れ、鉛に囲まれた検出器に入れるだけ。タッパーの底には円筒状のくぼみがあり、そこの部分に機器をはめ込んで測るのだそうです。

20120831_142917
 で、待つこと30分。結果は、セシウム137が「検出限界未満<3.8ベクレル/キロ」、セシウム134も「検出限界未満<4ベクレル/キロ」でした。要は、「検出限界値より下なので測れない(未検出)」ということみたいです。

 放射能の感じ方は人それぞれですが、国の基準は合計で100ベクレル/キロ。検出限界未満なら、まず問題ないのではないでしょうか。浦安のシロギスがすべて安全かどうかは、これだけでは分かりませんが、少し安心することができました。

 検査費用は30分コースで4000円。もっと簡易な15分コースなら3500円です。東京湾の放射能汚染のピークは2年後とも言われています。浦安の釣り人として、息長くウォッチを続けていこうと思います。

 それでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

ようやくシロギス確保!

20120826_180900_755x800
 

 今日も行ってきました。浦安・千鳥のシロギス調査に。昨日は朝早く行ってオデコだったので、満潮の夕方狙いに変更。午後3時ごろ現地につくと、ほくほくの顔で帰り支度をしている人たちが。釣果を聞くと、「今日は朝から釣れてるよ! 2色半くらいで(約75メートル)」とのこと。

 「もう引きあげるから」といい場所を譲ってくれたので、焦って準備し、そこでさっそく釣り開始。3色(約85メートル)からさびいてくると、すぐにクククンというアタリが。シロギス、ものの数分で1匹ゲットしました。

 群は小さいみたいで、その都度、どこにシロギスがいるのかを探す感じでしたが、その後も1投1尾という感じで4時ごろまでに7匹ほど確保。サイズもまあまあなので、放射能測定のための残り計100グラムは達成間違いなしに。

 日没狙いでしたが、ちょっと早めの午後3時に来てみて良かった! 午後4時を過ぎるとなぜかポツリ、ポツリとなりましたが、午後5時40分までにさらに4匹追加。計11匹で納竿となりました。サイズは最大20センチでした。

 家に帰って計ってみると、11匹で340グラム。これで、570グラムほどシロギスを確保。放射能測定に必要な350ミリリットル以上は間違いないので、ようやく測定できそうです。

 この時期にまだこれだけ釣れたので、浦安のシロギス、もう一盛り上がりぐらい、あるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

ボラばかり

20120825_063347 今日も浦安・千鳥にシロギス調査に行ってきました。今度こそ、まとめてゲットしようと、午前6時から釣り開始。朝起きて行ったのは、今期初です。

 風も無く、底荒れも収まっているだろうし、いい感じ・・・と思ったのですが、シロギスはおらず。アタリすらありません。釣友がギマを何匹か釣っただけで、午前9時には納竿。今回も不完全燃焼となりました。

 テトラの前には数えきれないほどのボラ(写真)、青潮っぽくは見えませんでしたが、何ででしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧