イカ

2017年6月24日 (土)

マルイカは格差(実力)社会

 Img_20170624_221435_938
 今週末は初のマルイカ釣りに行ってきました。お世話になったのは葉山のたいぞう丸さんです。

 これまで広く浅くの「イカおやじ」として、ヤリイカ、スルメイカ、スミイカ、アオリイカと釣ってきたので、マルイカを釣れば、釣りもののイカミッションをコンプリート。しかも、前日のたいぞう丸さんのHPを見ると、「今シーズンベスト釣果 竿頭124杯」の文字が。

 当日は大潮で凪。アタリも取りやすいはずで、これなら20杯は堅いかも。希望に胸が膨らみます。釣友に迎えに来てもらって、いざ葉山へ。この日は16人で満船に。午前6時40分、イカおやじを満載した船は、期待に反して厳しい社会の現実を突きつけるものとなりました。

 釣り座は右舷大ども。 午前5時40分ごろに船宿につくと、すでに多くの名前が。ミヨシから埋まっているのが気になりましたが、四隅だし、なんとかなるはずです。

 この日のタックルは、家で錘をぶら下げながらあれこれ考えた末に、シマノの小物竿の幻風(150センチ)と、浅草釣具のアナゴ竿(130センチ)の2本に。

 まずは幻風から始めて朝のうちに2匹ほど釣って、イカのやる気スイッチが入るのを待つも、大トラブルが。大き目のアタリに合わせたら、幻風の穂先が破損。スッテにはマルイカが1匹付いていましたが、痛すぎる。

 家ではいい感じだったアナゴ竿では、マルイカのアタリがほとんど分からず、取り込みの失敗もあって、あとはず~っと沈黙状態。でも、右舷の周辺はみんなポツーリ、ポツーリという感じ。船長さんのぼやきを聞くと、どうやら船から仕掛けが下りると反応が消えてしまうそう。気合の入ったイカおやじの16組のスッテが一斉に下りるのですから、マルイカの気持ちも分かるような気がします。

 で、マルイカのやる気は上向かず、終盤に穂先の折れた幻風を無理やり使って3匹ほど追加し、午後2時に納竿となりました。船長さんへの報告を聞くと、右舷の釣果は、右大どもの私から、6、8、9、9。「厳しい日に当ったな」と釣友と苦笑いしていると、左大どもの人から80数匹という声が!

 帰宅してからたいぞう丸さんのHPで釣果を見ると、トップ86、2番手66、3番手60という報告が。どうやら、釣れる人はしっかりと釣っていたようです。マルイカの格差社会ぶりを初体験する結果となりました。

 今日はほとんどアタリがなかったと思っていたのですが、アタリを感じ取れなかっただけのよう。マルイカ、恐るべし。「広く浅く」がモットーなので、竿頭の3分の1も釣れば満足ですが、まさか10分の1以下(イカ)とは。竿頭の人は、竿先が風になびくほど細い「金剛 激」を使っていました。アタリがわかりやすい専用竿を買わないと、何度いっても底辺のままとみました。

 ちなみにたいぞう丸さんの今日の釣果は「2-86」ときちんと書いています。マルイカ初心者の場合、釣り歴が長くても下のほうの数値を自分の目安にしたほうがいいのかもしれませんね。
 
 6匹分を寄せ集めてようやく一皿になったマルイカの刺身は、ねっとりとした甘み。この前の鹿島のヤリイカが2匹、今回のマルイカが6匹と、このところイカの釣果には恵まれませんが、マルイカの味を確かめられたのでよしとしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

アオリイカヘ その3

P1270004
 気持ちに余裕もできた午前10時過ぎ、しゃくった後にぐぐっときたのであわてて合わせるとずっしりとした重みが。

 こんどは800グラムぐらいの良型をゲット。長竿の人がかけ損ねたのがこっちに抱きついたみたい。ラッキーもあって右舷のアオリイカを独占。みよしの人にエギの色を聞かれたりしてちょっと得意に。浅草釣具の店員さん、ありがとう!

 でも良かったのはここまで。後はチップっぽいのが二回あっただけで、ほぼ五時間弱、ひたすらしゃくり続けるだけになりました。

 午後2時50分に納竿。右舷は大ともの人が一匹追加しただけなので、出来すぎの釣果となりました。
P1270006
 で、イカの王様は刺身に。釣ったその日でもほんのりと甘く、美味。ヤリイカ、スミイカとは別格ですね。苦節、一年。ようやく、納得のイカの味にたどり着くことができました。

 エギングはアタリがない時間も長く、かなり厳しい釣りですが、アオリイカが食べたくなったら、また行ってしまいそうです。

 3回に分けた長文、読んでくださりありがとうございました。

 それでは。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオリイカに その2

 この日の東京湾はややうねりが残っているものの、風も弱く絶好の釣り日和。

 僕の釣り座は右舷とも2番。片舷4人なのでゆったり。大どもの人は流行りの長竿。僕は短いアナゴ竿なので、長竿にあぶれたアオリイカの拾い釣りになりそうですが、一杯が目標なのでまあ、なんとかなるでしょう。

 船は1時間半ほど走って午前8時半から釣り開始。選んだエギは浅草釣具の店員さんイチオシのプレミアムアオリーQのブロンズゴールド、4号。澄み潮ではなかったけど、これでやって見ようと。これが幸運をもたらすことになりました。

 午前9時ごろ、しゃくるとどんよりとした重みが。すかさず合わせて巻き上げると、茶色いアオリイカが海面に。なんと船中一杯目をゲット。小振りでしたが早々と今日の目標を達成です。(まだ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

初釣りはヤリイカへ その2

 12時に潮止まりということもあって、その後もアタリ少なく、船長さんは洲ノ崎沖の沖の瀬へ。ここにはちがさき丸など相模湾の船も大集結してました。

 水深は150メートルから190メートルぐらい。「潮が速いので、おまつり防止のためにブザーと同時に投入して」とのこと。遅れたら、次まで1回休みです。

 ほかの船の間を縫って、船はグオングオンとヤリイカを探します。なかなかいい群れに当たらないらしく、しばらく走行。エンジン音が緩むと錘りを持って、ブザーを待ちます。でも、停まらず、再びスピードを上げると着席。この繰り返し。

 仕掛けは降ろせませんが、今か今かと待つのも結構楽しいものです。で、ついに「プッ」のブザー音。ようやく1匹追加。これでツ抜けです。さらに何度目かの「プッ」で、またもググとしたアタリがありました。ゆっくり巻くと、グググ、ググググに。イカがついているのは間違いありません。

 かなり引くので「スルメかな」と思っていたら、何とヤリイカの3点がけ! でも最も大きなイカがあとちょっとの所でバレて、海に戻って行きました。がっくり。

 それで、午後2時15分ごろ納竿に。結局、ヤリイカ11匹、スルメ1匹でした。まあ、初釣りで13匹というのはやや不吉なので、1匹逃げて良かったかも。前向きに考えたいと思います。

 後で船宿さんの釣果をみると4〜39匹。いい日に当たったようです。僕の腕だとイカの場合は竿頭の3分の1ぐらいなので、まあこんなもんでしょう。

 晴天に恵まれ、しかも凪、1日中ポカポカ。まさに釣り日和で、いい釣りで2013年を迎えることができました。

 長文になりました。

 それでは!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初釣りはヤリイカへ その1

20130113_113208
 初釣りはヤリイカに行ってきました。お世話になったのは、浦安の吉野屋さんです。1時間程前に到着すると、すでに9人ほど釣り客が。さらにお客はどんどん増えて、22人ほどで出船となりました。左舷のみよし3番目に陣取りましたが、後から来たお客さんが座る所無く間に入って4番目に。まあ、こんなこともありますね。

 もう少し来れば2隻出しになりそうだったのに、残念。月曜日の荒天予報もあって、日曜日に釣り人が集中したみたいです。100〜200メートルのヤリイカを狙うのに、竿の間隔は2メートルも無い感じ。おまつり覚悟の1日となりそうです。

 午前6時20分ごろ出船。この日はベタ凪で、船はスイスイ進みます。2時間ほどで館山沖に到着、さっそく釣り開始となりました。

 この日は、ブランコ仕掛けの5本針で勝負。吉野屋の船長さんはサバを避けてくれるので、直結でなくてもそれほど困りません。針はおまつり対策で少なめにしました。

 やはりイカは朝の活性が高く、底付近で仕掛けを緩めたり張ったりしていると、いきなりヤリイカの2杯がけ。しばらくしてヤリイカ2、スルメイカ1の3杯がけ。その後もポツポツ追加して、午前11時ごろまでに9杯をゲット。左舷の胴の間は意外に渋かったので、好調な滑り出しです。

 でも出だしはよくても、技が無いので中盤は苦戦に。その後の1匹が遠い、いつもの展開になりました。(長いので続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

イカはイカでも・・・ その2

20120408_1432
 午前8時40分ごろに釣り開始。まずはゴマサバの洗礼から。万が一のために、夕飯用に3匹ほどキープ。左隣のおじさんはポツポツとヤリイカを乗せているのに、僕には1匹も乗りません。何でだろう。

 この日の水深は100メートル前後。前回の半分です。着底後にシャクルとアタリらしきものはあるのですが、うまく乗ってくれません。???

 仲乗りをしていたエギング船の船長さんに釣り方を確認すると、着底後に道糸をたるませてから、それを張れとのこと。「中錘り付けて、たるませて」と。う〜ん。ヤリイカの準備を十分にしてなかったので中錘りの持参無し。しっかりと糸をたるませることができず、隣のおじさんが10匹近く釣り上げる間に、僕は3匹だけ。

 見かねたエギング船の千田船長さんが、上下に接続具がついたアナゴ用の錘り(25号)を中錘りにしろと貸してくれました。つけてみると、一番下の錘りが着底してからも、さらに中錘りの重さで糸を送り込めます。なるほど!

 これで釣り方の幅が広がりましたが、イカの活性はすでに低くなっていて、1匹追加でゲームセット。この日の釣果は4杯。船中は1〜10杯。東京湾の小物釣りでは、僕はだいたい竿頭の半分ぐらいなので、まあ、こんなものでしょう。

 ヤリイカは40センチ近くのオスで大きく、夕飯には十分。特に唐揚げが美味でした。小さなメスが釣れなかったのは、きっと小さなアタリを見逃していたからでしょう。沖釣りの総合力が問われるイカ釣りは、2回ぐらいでマスターできるほど甘くはありませんでした。

 追伸:釣果欄を見たら、マルイカも同じくらい低調。ヤリイカの釣果は過大評価しましたが、こちらの予測はしっかりと合ってました。
(おわり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イカはイカでも・・・ その1

20120408_1658
 日曜日は久しぶりの釣行日。マルイカに行こうと準備を続けていましたが、船宿さんの釣行欄を見ると、どうも思わしくない様子。時化後はトップが一桁ということも多いので、初めての僕なら数匹かな、という感じ。月に1度の釣行なので、小さなマルイカ数匹では・・・と前日の夜、布団の中で悩みに悩んだ末、2度目のヤリイカに行くことに決めました。

 お世話になったのは、地元浦安の吉野屋さんです。釣り客は15人ほど。吉野屋さんでお弁当(300円)を食べて、右舷に釣り座を構えました。ベタナギの中、船は2時間ほど疾走し、洲崎沖へ。仕掛けは前回釣行の残り。前回二桁釣ったので、今回も10匹は堅いな、などと皮算用。でも、イカ釣りは、準備不足の釣り人に、そんなに甘くは無いのでした。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

スッテが増える

20120406083449
 まだ1回もマルイカ釣りに行っていないのに、手持ちのスッテが増殖中。6本の直ブラ仕掛けが2セットに、バラが11本。もう23本もあります。

 やわらかい「おっぱいスッテ」、ストッキングが巻いてある「エロチカ7」、透明の「ちびエビ」、布巻きの「ちびイカ」ーー本当にいろいろありますね。

 ネーミングがおっさん向きなのは別にして、どれもなかなか可愛らしく、釣具店で見るとつい手が伸びてしまいます。マルイカがこんな細かい違いを見分けるのかどうかは不明ですが、あれこれ使い分けてみるのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月31日 (土)

マルイカの準備

20120331113149 今度こそ甘くておいしいイカを食べたいと、マルイカ釣りに行くことにしました。初めてなので、いつもの浅草釣具に仕掛けを買いに。

 店員さんに聞くと、「直結」「直ブラ」「ブランコ」の3種類があり、釣って楽しいのはアタリが分かる「直結」「直ブラ」とのこと。なのでヤマシタの直ブラ仕掛けを2セット購入。旧モデルなのでしょうか? お値段は50%引きの900円弱で、ちょっと得した気分に。

 で、ほかにもあれこれ聞いていると、ダイワのイカリーダーというのが優れもので、ビーズの結び目を動かすと、直結、直ブラ、ブランコに変更できるそう。面白そうなのでこちらも買ってみることにしました。

 さらにバラ売りのスッテも選ぶことに。目移りするほどたくさんありますね。胴体内部にオイルが入っていたり、心臓のような赤い部品が組み込まれていたり。イカというより、人間を釣るためかな。で、こちらも8個ほど購入。単価78円と169円でお値打ちでした。

 専用竿を持たせてもらうと、キス竿とカワハギ竿の中間ぐらいの感じ。錘りも40号と軽いので、まずは手持ちの竿でできそうです。

 明日にでも釣りに行きたいところですが、今週は潮の動きが悪いので、ここはぐっと我慢。来週以降に挑戦してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

呼子のヤリイカはヤリイカでなし

 この前、釣ったヤリイカ、その日のうちに刺身にしたのにめちゃくちゃ美味しい訳ではなく???という感じでした。前に「呼子のイカ」の活き造りを食べたことがあって、たしかヤリイカだったはずなのに、その味とずいぶん違うなあ、と。ちなみに呼子は九州の唐津にあります。

 で、ネットでググったら疑問は氷解しました。呼子では剣先イカをヤリイカと呼び、ヤリイカをササイカと呼ぶそうです。僕がかつて「めちゃうまい」と思った活け造りは剣先イカだったのでした。ああ、ややこしい。

 剣先イカといえば、釣りの世界ではマルイカのこと。そろそろシーズンインとなり、浦安からも出船しています。ならば、次の釣りものはマルイカかな。

 イカイヤーと勝手に決めた今年に入ってスミイカ、ヤリイカ、スルメイカと釣って食べてきましたが、まだ、めちゃうまのイカにめぐりあえていません。次こそは、透き通った甘いイカの刺身を食べてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)