« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年7月

2019年7月27日 (土)

今日は0タコ

Img_20190727_1812361152x864 今週末も朝夕とタコ調査に行ってきました。台風接近で突然大雨になるなど、コンディション悪し。おまけに南風の向かい風でエギが50メートルも飛びません。

 午前中に1回、300グラムぐらいのタコがヒットしたのですが、消波ブロックのところで無念のばらし。あとは明確なアタリはありませんでした。

 今日は釣り人も少なく、なんともいえせんが、さすがに浦安のタコもそろそろ終わりなのかもしれません。

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

今日は1タコ

20190720_075502_resized 今日も懲りずにタコ調査に行ってきました。タコは早朝と夕方がいいみたいなので、ちょっと早めの午前7時30分ごろから釣り開始。2.5号のダイソーエギを10個準備しました。

 この日は潮の流れが速く、左から右に流れていきます。横の人とおまつりしないように注意しながら、リールを低速で巻いていると、来ました!

 なかなかの重さのタコは、家で計ると400グラム。食べごろです。エギはパープルでした。

 でも、この日はここまで。夕方も短時間試してみたのですが、私は朝の1タコのみでした。今日もクリーンセンター裏は大盛況。これだけ攻められているのに、まだタコがいるなんて。

 いつまで続くかわかりませんが、タコはグッドサイズなので1匹で十分。引き味もいいので、まだまだやってしまうかもしれません。

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

3連休で6タコ

Img_20190715_115340864x1152 3連休最終日も懲りずにタコ・シロギス調査に行ってきました。タコは午前中と夕方に一匹ずつ。タコにも時合があるみたい。大きい方で350グラムぐらいでした。シロギスは安定の入れ食い。

 この日は午後5時ごろに「根がかりか!」というアタリがあり、釣友のアドバイスでしばらく放置。その後、そおっと巻くと、なぜか巻ける。根がかりでなくてタコだ! とテンション上がりましたが、敷石のところで無念のバラシ。悔し〜 逃したタコは大きい。500グラムはあったかも。

 結局、3連休で6タコ。陸っぱりからのタコはめちゃ楽しい。なかなか釣れませんが、この日も500グラム超のタコが近くで釣上げられてました。浦安の陸っぱりのタコ、まだまだ楽しめそうです。

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

中ダコ、小ダコ、中小ダコ

 Img_20190714_172304612x816 今日も懲りずにクリーンセンター裏に行ってきました。夕方から短時間。雨だったので人影もまばら。

 いつものようにロング・サーフでエギを75メートルほど遠投して、ほかの人が探っていないポイントを狙う作戦です。 一軍エギを根掛りで無くしてしまっていたので、ピンクエギを中心に投げていると、なかなかアタリがありません。

 でも、諦めずに30分ほど遠投を続けていると、いきなりガガガ、のアタリが来ました。ググっと合わせて、途中まで引っ張ってきたのですが、無念のバラし。昨日の経験だと、このタコは同じポイントにエギを通せば、何度でもアタックしてくるはず。すぐに仕掛けを巻き上げて、再び遠投すると、来ました!

 しかも、重い。でも、通算3匹目なので、慣れたもの。グリグリ巻いて、500グラムほどのマダコをゲット。昨日よりちょっと小さいですが、なかなかのサイズです。

 心に余裕ができて、次は100円のダイソーエギでチャレンジ。ポイントを移動しながら1時間ほど投げ続けていると、再びヒット! ゆっくり巻いていたら、ガツンときました。これはやや小ぶり。生かしておいて、あとでリリースですね。

 この日のクリーンセンター裏は活性高く、他の人もポツリポツリとタコを釣り上げていきます。次のエギはマーブル下地のピンクかな。アオリイカの鉄板エギです。巻き上げは、ごくスローがいいみたい。遠投してゆっくりゆっくり巻いていると、すぐに来ました!

 これは350グラムぐらいのサイズ。結局この日は2時間30分ほどで3匹。浦安のマダコ、陸っぱりからまだまだ楽しめそうです。

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

まだタコはいる

Img_20190713_094444864x1152

 東京湾で爆湧きとなっているマダコは、まだ陸っぱりで釣れるのか。12日に地元浦安の状況を確認してきました。午前8時過ぎに現着すると、クリーンセンター裏はなかなかの人出。どのポイントも既にリサーチされた後みたい。

 ならば、さらに奥地へ。前に目をつけていた場所でやってみることにしました。クリーンセンターから歩くと30分はかかるので、人影はまばらです。

 で、今回は鳥の胸肉を持参。エギに巻き付ける餌巻きエギで挑んでみました。皮の部分を結束バンドで固定。でも、遠投するとすぐにずれてしまいます。

 ならば、と、この前、タコをひっかけた実績あるピンクエギに変更。グググググ。ほどなくアタリがあり、巻き上げてくると、海面に現れたところで痛恨のばらし。このエギ、タコのお気に入りのようで、タコがさわったようなアタリが何度もあります。

 でも、カンナにかからない。何度かのやりとりのすえ、ついに竿が大きく弓なりに。すごい重さですが、前回経験済みなので、ゆっくり確実に巻いて、タコをゲット! 家に帰って計ったら550グラムもある立派なタコでした。幸先の良いスタートです。

 で、ちょっとずつ場所を変えながら、エギを遠投していると、仕掛けが底に着いたとたんにガツンと言うアタリが。またも竿が弓なりに。でも、今度はびくともしません。でも、根がかりとは明らかに違う感じ。5分ほど竿を曲げたままテンションを抜かないようにしていると、ふっと軽くなってしまいました。エギを回収すると、足の先の先だけが切れて引っかかっていました。

 無念。足の先は細かったですが、大きなタコだったような気がします。

 でも、良かったのはここまで。お昼が近くなると、アタリは遠くなり、ほぼ沈黙。「夢よもう一度」と粘りましたが、気配すら感じ取れませんでした。まあ、陸っぱりから、このサイズが1匹取れれば、十分なのですが・・・

 なんだか消化不良なので、帰りがけに、いつものポイントでシロギス釣り。7月に入っても順調そのもの。ほぼ入れ食い。サイズも16~18センチが中心になっていました。まだ冷凍庫にたくさんキスが入っているので、6匹ほど釣って納竿。

 まあまあのタコにシロギス。陸っぱりでこんなに釣れてしまうと、船に乗るのがおっくうになってしまうかも。シロギス、この感じだと、青潮さえ来なければ、7月一杯ぐらいは楽しめそうな気がします。

 長文になりました。それでは!

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »