« 大洗のショウサイフグ | トップページ | またもPennリール »

2018年6月 3日 (日)

大洗のフグ、仕掛け考

Img_20180603_201147_414 4回目の大洗のフグ。前の2回は二桁釣果だったのに、直近の2回は一桁。原因をあれこれ考えてみました。

 両みよしに陣取っていた常連さんの仕掛けは2人とも、針は固定式でした。私も過去2回は固定式を使っていました。でも、ゼロテンションなら誘導の方がアタリが出やすいのではないかと思って仕掛けを自作。ナツメ錘を使い、ハリスに3センチぐらい遊びがある誘導式に。家で仕掛けをいじくってみて、これが裏目だったような気がします。

 フグはホバリングして餌を食べるので、最初は餌を引っ張るような食べ方はしないような気がします。固定式の針は斜めについていて、錘がつくかつかないかの感じだと、てこの働きもあって針の動きがダイレクトに錘に伝わります。一方、誘導式は針の向きに遊びがあるので、ある程度針が動かないと、アタリも出ない感じです。

 アオヤギを刺す針は、あくまでもアタリを出すのが目的なので、誘導にするとデメリットの方が大きい気がしました。フグは同じ餌を何度でも追うほど食い意地がはっているので、針の固定/誘導でそんなに変化がないのでは??

 まあ、すべて推論なので、次はチラシ針+エビと、固定針+アオヤギでやってみようと思います。

 釣ったフグは、いつものようにフグの唐揚げに。ピチットシートを使って水分を抜いた刺身も作ってみましたが、やっぱり我が家では唐揚げの方が売れ行き好調でした。

 それでは。


|

« 大洗のショウサイフグ | トップページ | またもPennリール »

フグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大洗のフグ、仕掛け考:

« 大洗のショウサイフグ | トップページ | またもPennリール »