« アジに癒やされる | トップページ | 釣り納め(その2) »

2017年12月31日 (日)

釣り納め(その1)

20171229_125039_resized
 金曜日に釣り納めに行ってきました。お世話になったのはいつもの浦安・吉野屋さん。最近好調のタチウオにしました。

 この日は大混雑で3隻出しに。早くから席札を取っていたので、釣友と1隻目の左みよし2、3番に陣取り、20人ほどで出船となりました。

 船は1時間20分ほど走って観音崎沖へ。水深65メートルくらい。このところ水深150メートルの久里浜沖がいい感じだったのですが、この人数だとおまつり頻発との判断したのでしょう。観音崎沖の方が型がいいので、僕としては大歓迎です。

 ポイントに着くとほかの釣り船は数隻。水深が浅い方が釣になるジギング船ばかりでした。

 この日のタックルは、ライトゲームBBの8:2、H190と、プレイズ400、道糸は1.5号なので、錘は60号でスタート。仕掛けは、久里浜沖に行くと思って用意した2本針。下針から150センチのところで25センチの枝張りを出し、さらに80センチで天秤につなげました。仕掛けの長さは吉野屋のオリジナルに近い感じに。

 さらにこの日の工夫は、針を1/0と小さくしたこと。タチウオは最近、ジギングのように大きい針をつけて、小さなアタリを取ってかけるのが流行りですが、僕はどちらかというと、駆け引きしているうちに勝手にかかる、向こう合わせ的な釣りが好きなんです。

 なので、やりとりの最中に魚に違和感を与えない方がいい小針の方がいいかと。ちもとには透明のパイプを2センチほど。もちろん、針をのまれてのハリス切れもあると思いますが、その時はその時です。天秤も、流行りのライトなものではなく、チドリの伝統的なタチウオ天秤に。アームが弓形になっていて、タチウオが餌を引っ張ると、天秤が勝手に合わせを入れてくれる優れものです。

 1本針にライトな天秤といういまの流れに逆行するこの釣り方、果たして通用したかのかどうか(つづく)。

|

« アジに癒やされる | トップページ | 釣り納め(その2) »

タチウオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釣り納め(その1):

« アジに癒やされる | トップページ | 釣り納め(その2) »