« 釣り納め(その1) | トップページ | 大洗のショウサイフグ »

2017年12月31日 (日)

釣り納め(その2)

20171230_174610_resized_2
 (続き)切り身餌が回転しないように針を中心に丁寧にぬい刺しして、釣り開始。ゆっくりしゃくり上げてリールを一巻きしたり、ちょっと速めにしゃくって半回転させたり。この日のタチウオの棚とご機嫌をうかがいます。

 ほどなくして竿がぐぐぐっとしなり、指4本超の幅のそこそこサイズをゲット。今日はまあまあの活性があるみたい。探見丸の画面も真っ赤。何かベイトがいるということなのでしょうか。
 
 速いテンポの左隣の人も、ゆっくりしゃくるみよし1番の人にもポツリポツリとヒットがあります。アタリがあるのはいつも同じ水深で、その前後10メートルをしつこく探っていると、ちょっとずつタチウオがたまっていきました。

 かけそこなったときはシェイクが有効なようで、シェイクしてゆっくり聞きあげると見事にヒット。狙いが決まるとなかなかの爽快感。餌が二つついているので、一度失敗してももう一度チャンスがあり、駆け引きが楽しめました。

  終わってみれば、指4本級17本で20リットル満杯に。ハリス切れは数回ありましたが、小針の効果はあったと思います。トップは左みよし1番の人で34本。異次元の釣果。そのほかは手練れで20本前後ぐらいだったので、満足の釣果となりました。

 浦安に戻り、タチウオ釣りを再開して2年。ようやく、自分の形が見えてきたような気がしました。

 年末の我が家は、刺身、炙り、昆布締め、梅しそ巻き、蒲焼のタチウオづくし。脂がのって美味でしたが、ちょっと釣りすぎたかも。いい釣り納めとなりました。

 今年もそろそろ終りです。来年もいい釣りをしたいですね。

|

« 釣り納め(その1) | トップページ | 大洗のショウサイフグ »

タチウオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釣り納め(その2):

« 釣り納め(その1) | トップページ | 大洗のショウサイフグ »