« 湾フグも格差社会 | トップページ | 2度目の青物ジギング »

2017年11月13日 (月)

ジギングタックルをメンテ

1510574810909.jpg
 この前、初めて挑戦した外房ジギング。レンタルタックルだったので、自分のタックルを揃えたくなり、まずはリールを購入してみました。

 ヒラマサ狙いのリールといえば、シマノ、ダイワ製なら5万円近く。でも、ジギング専門ではなく、たまにしか行かないのでそんなに出せません。

 釣友から米国PENN社のバトル2が安くていいと聞き、早速ゲット。重いけど 、ドラグ性能は悪くないとのこと。1万円ちょっととリーズナブルなので、6000番を買ってみることにしました。

 で、届いたリールを巻いてみると、やっぱり巻心地はワイルドな感じ。理由が知りたくて分解してみました。

 まず、本体に2つのねじで固定されているリールの軸を外さないと、ほかの歯車も外せないことが分かりにくいですが、構造自体はいたってシンプル。歯車の目もそんなに詰まっていないので、シルキーな巻心地にならないのは納得。

 ベットリとついたグリスをパーツクリーナーで落として、薄くグリス塗り直して再び組み立て。ちょっとだけ巻心地はスムーズになりました。

 でも、ほとんどが金属製のこのリール、頑丈さだけは期待できそうです。ちょっと重いけど、このリールでヒラマサを目指したいと思います。


 

 

|

« 湾フグも格差社会 | トップページ | 2度目の青物ジギング »

ジギング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジギングタックルをメンテ:

« 湾フグも格差社会 | トップページ | 2度目の青物ジギング »