« 満船のタチウオ釣り | トップページ | ジギングタックルをメンテ »

2017年11月 4日 (土)

湾フグも格差社会

1509796801820.jpg
 3連休は東京湾の湾フグに行ってきました。お世話になったのはいつもの吉野屋さんです。

 浦安市民の地の利を生かして、午前零時に席札ゲット。右みよし。エビ餌の湾フグは初めてですが、外房フグなら何度も行ってるし、この席なら5匹は釣れるはず。

 このところトップ15匹ほどの釣果をみて、そんな皮算用をしてみたのですが、技巧派を夢中にさせる湾フグはそんなに甘くはないのでした。

 この日は満船で2席出し。ヒガンフグ狙いなので1時間ほど走って横浜沖へ。親針はアタリが取りやすいというチラシ針、カットウも刺さりのよい自作もの。竿も浅草釣具オリジナルの湾フグ竿だし、死角はないはず。

 開始から1時間。早々に1匹をゲットして、好調な滑り出し。親針のチラシ針にかかってました。

 でもそれから沖上がりまでの5時間、1匹も釣れず。船下ではアタリなく、投げるとエサは取られるもののアタリはさっぱり分からず。

 試行錯誤で、仕掛けをオーソドックスなものに戻し、終了間際に大きなフグをかけるも、巻き上げの途中でバレてしまってゲームセット。

 投げればエビが無くなっているので、フグはいるはずなんです。でも、アタリがない状況での5時間の竿の細かい上下は、苦行に近いものがありました。腕の差がはっきりと出るのはマルイカに近いものがありますね。

 下手なので釣れないのは仕方がないとしても、魚とのやり取りを楽しみたい。そんな私には向いてないかも。

 船宿に帰って他の人の桶を見たら、半数以上が1-2匹。貧果の私の桶をみて、常連さんが大きなアカメふぐを2匹もくれました。ありがとうございました!

 で、すっかり気持ちも明るくなって、いつもの松の湯へ。漁師町の熱過ぎる湯船に使ってさっぱり。

 フグは帰ってから捌かなくていいので、本当に楽。湾フグ、もうちょっと釣れたら通ってしまいそうですが、この感じなら、老後の楽しみにとっておこうと思った次第です。

 長文になりました。それでは。

 

|

« 満船のタチウオ釣り | トップページ | ジギングタックルをメンテ »

フグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湾フグも格差社会:

« 満船のタチウオ釣り | トップページ | ジギングタックルをメンテ »