« サヨリがいい感じ | トップページ | 満船のタチウオ釣り »

2017年9月25日 (月)

初の外房ジギング

1506300517808.jpg
 先週末は釣友に誘われて、初の外房ジギングに行ってきました。お世話になったのは館山の松栄丸。狙うはヒラマサです。

 集合は午前5時。浦安から下道で3時間弱。さすがになかなかの遠さです。先週末にヒラマサが釣れたという船宿のブログに誘われて、20人ほどのルアーマンが集合。程なく出船となりました。

 ジャークについては事前に予習をしてきたものの、この日が初めて。果たして私のジグが魚に見えるかどうか…

 釣り場は近く、30分も経たないうちに釣り開始。今日の釣座は左舷みよし3番。外房の鉄板ジグらしいマサムネの115グラムをキャストし、ジャーク、またジャーク。水深は15メートルと浅く、底取りは簡単でした。

 午前7時ごろでしょうか。時合は突然やってきました。まず右舷で70センチぐらいのヒラマサが上がり、その後、バタバタとアタリが。どうやらカンパチの幼魚のショゴのよう。ヒラマサ釣った人がシルバーのジグを使っていたので、私もシルバーにすると、竿先がズドン!

 レンタルタックルの太い竿が曲がり、時にはドラグも出て、どんな魚かと思ったら40センチのショゴでした。人生初カンパチです。

 その後もポツポツとヒラマサが上がり、僕も! と釣れた人のシャクリを真似するも、スムーズに、とは行かず、時合は1時間ほどで終了。あとは11時30半過ぎの納竿まで、船中音沙汰なしでした。

 厳しい日に当たったな、と思って船宿さんの釣果報告見たら、この日はまあまあだったとのこと。ヒラマサは船中7匹、ショゴは18匹だったそうです。とは言っても、左舷ミヨシの人が1人で3匹もヒラマサをゲットしていたので、初心者がヒラマサを手にするのはなかなか難しそう。でも青物3種制覇という新たな目標ができました。

 ショゴは持ち帰って刺身に。ワラサと違ってあっさりしていて、なかなかの美味。今度はタックルも揃えて、また行ってみようと思います。

 長文になりました。それでは!

 

|

« サヨリがいい感じ | トップページ | 満船のタチウオ釣り »

ジギング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初の外房ジギング:

« サヨリがいい感じ | トップページ | 満船のタチウオ釣り »