« またもフグ釣りへ | トップページ | フグショック »

2017年6月24日 (土)

マルイカは格差(実力)社会

 Img_20170624_221435_938
 今週末は初のマルイカ釣りに行ってきました。お世話になったのは葉山のたいぞう丸さんです。

 これまで広く浅くの「イカおやじ」として、ヤリイカ、スルメイカ、スミイカ、アオリイカと釣ってきたので、マルイカを釣れば、釣りもののイカミッションをコンプリート。しかも、前日のたいぞう丸さんのHPを見ると、「今シーズンベスト釣果 竿頭124杯」の文字が。

 当日は大潮で凪。アタリも取りやすいはずで、これなら20杯は堅いかも。希望に胸が膨らみます。釣友に迎えに来てもらって、いざ葉山へ。この日は16人で満船に。午前6時40分、イカおやじを満載した船は、期待に反して厳しい社会の現実を突きつけるものとなりました。

 釣り座は右舷大ども。 午前5時40分ごろに船宿につくと、すでに多くの名前が。ミヨシから埋まっているのが気になりましたが、四隅だし、なんとかなるはずです。

 この日のタックルは、家で錘をぶら下げながらあれこれ考えた末に、シマノの小物竿の幻風(150センチ)と、浅草釣具のアナゴ竿(130センチ)の2本に。

 まずは幻風から始めて朝のうちに2匹ほど釣って、イカのやる気スイッチが入るのを待つも、大トラブルが。大き目のアタリに合わせたら、幻風の穂先が破損。スッテにはマルイカが1匹付いていましたが、痛すぎる。

 家ではいい感じだったアナゴ竿では、マルイカのアタリがほとんど分からず、取り込みの失敗もあって、あとはず~っと沈黙状態。でも、右舷の周辺はみんなポツーリ、ポツーリという感じ。船長さんのぼやきを聞くと、どうやら船から仕掛けが下りると反応が消えてしまうそう。気合の入ったイカおやじの16組のスッテが一斉に下りるのですから、マルイカの気持ちも分かるような気がします。

 で、マルイカのやる気は上向かず、終盤に穂先の折れた幻風を無理やり使って3匹ほど追加し、午後2時に納竿となりました。船長さんへの報告を聞くと、右舷の釣果は、右大どもの私から、6、8、9、9。「厳しい日に当ったな」と釣友と苦笑いしていると、左大どもの人から80数匹という声が!

 帰宅してからたいぞう丸さんのHPで釣果を見ると、トップ86、2番手66、3番手60という報告が。どうやら、釣れる人はしっかりと釣っていたようです。マルイカの格差社会ぶりを初体験する結果となりました。

 今日はほとんどアタリがなかったと思っていたのですが、アタリを感じ取れなかっただけのよう。マルイカ、恐るべし。「広く浅く」がモットーなので、竿頭の3分の1も釣れば満足ですが、まさか10分の1以下(イカ)とは。竿頭の人は、竿先が風になびくほど細い「金剛 激」を使っていました。アタリがわかりやすい専用竿を買わないと、何度いっても底辺のままとみました。

 ちなみにたいぞう丸さんの今日の釣果は「2-86」ときちんと書いています。マルイカ初心者の場合、釣り歴が長くても下のほうの数値を自分の目安にしたほうがいいのかもしれませんね。
 
 6匹分を寄せ集めてようやく一皿になったマルイカの刺身は、ねっとりとした甘み。この前の鹿島のヤリイカが2匹、今回のマルイカが6匹と、このところイカの釣果には恵まれませんが、マルイカの味を確かめられたのでよしとしたいと思います。

|

« またもフグ釣りへ | トップページ | フグショック »

イカ・タコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルイカは格差(実力)社会:

« またもフグ釣りへ | トップページ | フグショック »