« 走水の高級アジ | トップページ | 浦安のシロギス »

2017年5月 5日 (金)

大原のでかフグ

Img_20170505_200931_967
 久しぶりの更新です。連休は外房の大原にフグ釣りに行ってきました。4月から禁漁中なんですが、連休のみ解禁という情報を、昨年来フグにはまった釣友がキャッチ。一緒に行ってきました。

 出船は午前4時30分。なんでこんなに早いのか・・・。少しでも睡眠時間を取りたいので、深夜零時に現着し、車でギリギリまで寝ることにしました。

 で、午前4時に船に乗り込むと、15分後には出船。大原の朝は早いですね。

 フグのカットウ釣りは、名古屋時代以来、2回目。昨年思わず買った浅草釣具のフグ竿がようやくのデビューです。

 すでにフグ4回目の釣友に釣り方を教えてもらうと、とにかく餌はたくさんつけたほうがいいとのこと。教わった通り、カワハギ用のザルを持参し、味の素をザブザブ。キモ、ベロとつける餌付けは、カワハギ釣りとそっくり。

 お世話になったのはフグ一筋の敷島丸。この日の釣り場は太東沖で水深20メートルぐらい。海上はベタなぎで、東京湾にいるかのような静かな海でした。

 事前の勉強では、フグのあたりは目感度でとるとのとでしたが、やっぱり難し~~。でも、手感度でとれる場合も結構あって、それをポツポツ拾い釣り。午前8時30分ごろまでになんとか8匹ほどゲット。どれも25センチ前後の大型なので、今日はこんなものかな、という感じに。

 最後の2時間は、スピニングリールでのキャスト釣りに変更して、4匹ほど上積み。船下を狙っている人はほとんど釣れていなかったので、ちょっといい気分に。午前11時に沖上がりとなりました。

 ほぼ10年ぶりのフグ釣り。目感度のあたりをとるには、まだまだ修行が必要なようです。それと、重要なのは根がかり対策。私はカットウを最も小さいスナップスイベルで接続し、ぐっと引っ張るとそこが外れる設定に。これはうまくいって、カットを変えるだけでいいので、根掛かりを恐れることなく、キャスト釣りをずんずんと進めることができました。

 浅草釣具のフグ竿(湾奥、外房の穂先付で8000円ぐらい)は、9:1ぐらいのごく先調子でなかなかにいい感じ。たまにのフグ釣りならこれで十分かも。ちなみにキャスト釣りには、浅草釣具のアナゴ竿(数千円)を使いました。これも8:2ぐらいの先調子でなかなかよいかも。

 帰ってから敷島丸のHPみると、7~31匹とのこと。竿頭は、おそらくエビ餌の東京湾方式でやっていた釣り人だと思います。私の釣果はその4割。やはり目感度がとれていないということですね。

 フグは船宿さんでさばいてくれるので、帰ってからがとっても楽。これはかなりの魅力です。釣り具もくさくならないし、キャスト釣りなら一つテンヤにも近い感じ。フグ釣りは禁漁になり、10月に解禁とのこと。シーズン入りしたら、サイズは小さいものの数釣れるそうなので、また行ってみようと思います。

|

« 走水の高級アジ | トップページ | 浦安のシロギス »

フグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大原のでかフグ:

« 走水の高級アジ | トップページ | 浦安のシロギス »