« 久々のカワハギ釣りに | トップページ | 大原のでかフグ »

2017年4月16日 (日)

走水の高級アジ

Img_20170416_205818_604_1
  久しぶりの更新です。先月は鹿島までヤリイカ釣りにいって、まさかの2匹。今度はたくさん釣りたいなあ、と好釣が続く東京湾のアジにいってきました。

 浦安や横浜の船宿さんの釣果欄をみると、LTアジは連日の三桁。でも、サイズをみてみると15センチ〜25センチ。小さいアジをたくさん釣ってもなあ〜と、一度は行ってみたかった横須賀・走水の大アジにしてみました。

 お世話になったのは、走水の老舗松栄丸さんです。釣行日のGPV予報は風が10メートル以上。でも、船宿さんに電話をすると、「港近くだから問題なし」との返事。釣友との日程が合うのはこの日しかなく、「まあ、南西風で風裏なので何とかなるか」と強行したら・・・海は甘くありませんでした。

  南西風がびゅうびゅう吹いて、おまけに潮も速くて、アジはご機嫌斜め。僕のいた右舷はほとんどが数匹の大惨敗でした。ちなみに僕は38センチのそこそこのアジ1匹、25センチの中アジ3匹、やせ細ったマサバ1匹のみ。午前7時〜午後3時でこの釣果ですから、ひどいものです。

 Img_20170416_205948_179

  でも、こんなに釣れなくても、走水のアジは意外に楽しい釣りでした。港近くのアジがいそうなポイントにアンカーを降ろしてのかかり釣り。エンジンも切るので、静かなものです。

 重りは150号ビシに50号の増し重り。こんなにも重いのは、道糸を立てるように操船するエンジン流しではないからだと納得しました。この重さでも、道糸は斜めになっていきます。

  潮速く、ビシ重く、とても手持ちで釣る気にはなりません。たまにコマセ撒いて、じっと竿先を見つめる。そんな、のんびりした釣りでした。

 家に帰って、38センチのアジを刺身に、そのほかをなめろうに、マサバはしめ鯖に。アジは脂が乗っていてなかなかの味でした。竿、電動リール、ロッドキーパーまで貸してくれるので、後片付けも楽々でした。

 午後船もあるので、天気のいい日にまた行ってみようと思います。


|

« 久々のカワハギ釣りに | トップページ | 大原のでかフグ »

アジ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走水の高級アジ:

« 久々のカワハギ釣りに | トップページ | 大原のでかフグ »