« ものすごく久しぶりの更新です | トップページ | カニ歩きからのスキー(2) »

2014年12月30日 (火)

カニ歩きからのスキー(1)

Photo
 山形に単身赴任をしたことを契機に始めたスキーも2シーズン目となりました。

 30年ぶりにスキー板をはいたのは、2013年12月15日のこと。

 スキー教室に入ろうと思ったらまだ開校しておらず、まずはカニ歩きから。横倉ゲレンデの中ほどにある駐車場から緩斜面に出てみるも、登ることも降りることもままならず、リフトの下でもがくこと1時間。それから鍛錬を重ね、今では自称中級者に。今年はシーズン券も購入。思えば遠くに来たものです。

 バブルのころは学生で、スキーブームとも縁遠く、40代になってようやくスキーを始めてみて、いろいろ気がつくことがありました。道具の進化でパラレルターンは簡単になり、スキー場はガラガラ。リフトを待つ長い列など、遠い昔の話です。

 これからスキーを始めてみようと思う人や、久しぶりにやってみようという人に向けて、蔵王温泉スキー場での試行錯誤の1年余りを、振り返ってみようと思います。

|

« ものすごく久しぶりの更新です | トップページ | カニ歩きからのスキー(2) »

山形編」カテゴリの記事

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カニ歩きからのスキー(1):

« ものすごく久しぶりの更新です | トップページ | カニ歩きからのスキー(2) »