« 大鯛にたどりつく(前編) | トップページ | 大マダイをソテーに »

2013年7月29日 (月)

大鯛にたどりつく(後編)

002
 釣り終了まであと1時間。あんなに早かった潮はゆるんで、道糸がほぼ垂直に落ちていきます。前回の教訓を生かし、底からの棚取りに徹して、コマセを撒いてから2~3分ほど静かに待ち、誘い上げるの繰り返し。

 コマセを撒いてから1分ほどたったころでしょうか。ハナダイのようにプルプルではなく、コツンとした当たりが。合わせると、手応えがあるような、ないような。あれ? そう思って竿を立てると、いきなりドラグがジジジジと出て行きました。ジジジジ、ジジジジ。ゆっくりですが、10メートル出ても止まりません。

 「たぶん大きい」と船長に伝えると、「ゆっくりやりとりせよ」とのこと。なので、無理に巻かずに、相手が引いたらジジジ、休んだら巻くの繰り返し。青物のような引きはないですが、一進一退。SC小舟XHのカーボドラグワッシャはスムーズに糸が出ていくので、やりとりに不安な感じはありません。早舟ヒラメも安価な竿ですが、うまくしなって、引きをいなしてくれます。ハリスが3号なのがちょっと気がかりですが、シガーのマダイ専用ハリスなのでまあ、何とかなるでしょう。

 で、10分ほどやりとりしたでしょうか。ついに赤い魚体が上がってきました。で、でかい。先ほどの50センチが小さく見えるほど。後検量で、71センチ、4.2キロのマダイが無事にタモ入れされました!!がまかつのマダイ針10号は、下唇にがっちり刺さっていました。

 3度目の挑戦で、70センチ超の大型。遊佐のポテンシャル、恐るべし。小さな台所でさばくのは大変でしたが、さらなるサイズアップを目指して、今後も通わなければなりません。次の目標は5キロ超、かな。

 長文になりました。それでは。
 

|

« 大鯛にたどりつく(前編) | トップページ | 大マダイをソテーに »

タイ」カテゴリの記事

山形編」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます!
強烈な引きを味わってみたいです。
山形、いいですね!

投稿: JOE | 2013年7月31日 (水) 15時06分

>JOEさん
ありがとうございます!
山形は海も渓流も楽しめます。しばらくは日本海で大物狙ってみます。

投稿: けんさん | 2013年7月31日 (水) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大鯛にたどりつく(後編):

« 大鯛にたどりつく(前編) | トップページ | 大マダイをソテーに »