« いつもの浦安シティマラソンへ | トップページ | 銚子沖のスズキが130ベクレル »

2013年2月 3日 (日)

治具というものを作ってみる

P2030017
 イカ釣りの仕掛け巻きといえば、治具。自分でも作れそうなので、作ってみました。板は残りもののヒノキ、横棒には直径4ミリのアルミパイプを使ってみました。

 板を適当な大きさに切り、ドリルで4ミリの穴を開け、そこにアルミパイプを差し込むだけ。念のために接着剤もつけましたが、作業自体は難しくありません。ついでに油性ニスも塗っておきました。

 浅草釣具に売っているのと同じ大きさにしたので、3個がメイホウのケースにきれいに入ります。まだ1回も行った事が無いのに仕掛けだけはたくさんある、マルイカの市販仕掛けを巻いてみました。

 なかなかいい感じ。コストを考えたら買った方が安いですが(浅草釣具は1個360円ほど)、愛着のある治具ができました。


|

« いつもの浦安シティマラソンへ | トップページ | 銚子沖のスズキが130ベクレル »

釣具」カテゴリの記事

コメント

準備完了。さっそくイカ釣りへGO!

投稿: くろ | 2013年2月 7日 (木) 16時03分

>くろさん
 こんにちは。ご返事が遅くなってすみません。長期出張してました。だんだん暖かくなってきましたね。

 今度、緑の船に乗る時があったら誘って下さい。プロフィール欄をクリックすると、メールが送れるようになっています。

 それでは!

投稿: けんさん | 2013年2月20日 (水) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 治具というものを作ってみる:

« いつもの浦安シティマラソンへ | トップページ | 銚子沖のスズキが130ベクレル »