« 謹賀新年 | トップページ | 探見丸miniを船縁に 改良編 »

2013年1月 5日 (土)

電動リールのバッテリー

Seaking_12v12ah_1
 欲しいけど、よく考えると不要なので手を出さなかったものといえば、電動リールの電源。最新のリチウムイオンだと、10Aクラスで3万円から。年に数回しか電動リールを使わないので、とても元が取れません。大きくて重い鉛電池を買うくらいなら、タダで使い放題の船の電源でいいか、と。

 でも、この前のタチウオ釣りで、いいものを持っている人を見かけたんです。鉛電池なのに結構小さめ。船縁にきっちり収まってました。年末、暇に任せてネットを見ていたら同じものがあったので、さっそく注文。

 シーキングバッテリーの12A、お値段はケースと充電アダプター付きで6500円でした。これなら10回も使えば元は取れるかな。楽天のフィッシング遊から今日、さっそく届きました。

 重さは3.6キロ。1キロ未満のリチウムイオンに比べると重いですが、車やバイク釣行なら特に問題なし。大きさは、高さと奥行きが10センチ、幅が15センチで、やはり小さいですね。リチウム~とそんなに変わりません。

 なんでバッテリーが欲しかったのかといえば、家でPEの巻き替えがしたいから。マイ電動リール「電動丸Plays3000」をつなぎ、PE5号の400メートルからPE4号400メートルに替えてみました。リールの購入から3年、お店にリールを持って行かなければならないので機会を逸していたのですが、ついにできました!

 ちなみに、行きつけの吉野屋さんは4号が標準。潮で糸が流されたりすると、糸が太いからかと肩身が狭かったのですが、これで胸を張って使えます。次の深場の機会に、電池の持ちも試してみようと思います。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 探見丸miniを船縁に 改良編 »

釣具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電動リールのバッテリー:

« 謹賀新年 | トップページ | 探見丸miniを船縁に 改良編 »