« 湾奥のシロギスの放射能を測定 | トップページ | 年に1度のワラサ祭り その2 »

2012年9月 2日 (日)

年に1度のワラサ祭り その1

20120902_145328
 毎年9月にワラサ祭りに行くようになって、今年で3年目。三浦半島の沖にイナダやワラサが接岸する時期になると、我先にと釣り人が大集結するこのイベント、いかにも釣りオヤジっぽくて結構好きなんです。
 
 で、釣友を誘って計3人で剣崎松輪港に行ってきました。お世話になったのは成銀丸さんです。

 出船は午前6時。午前4時50分ごろに船宿に着くと、6人ほどしか札が取られていません。あれ? いつもは満船、満船なのに・・・大混雑の駐車場も空きが目立ちます。あらら?? ワラサは好調のはずなのに何ででしょうか。

 でも、釣行前の脳内は超ポジティブ。今年は8月初めから釣れてるので、みんな、既に来てしまったからか!!と一人なっとく。成銀丸は12人ほどの釣り人を乗せ、午前6時前に出船。もちろん、剣崎松輪港にもう一つ活気がないのは、しっかりと理由があるのでした。(続く)

|

« 湾奥のシロギスの放射能を測定 | トップページ | 年に1度のワラサ祭り その2 »

イナダ、ワラサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年に1度のワラサ祭り その1:

« 湾奥のシロギスの放射能を測定 | トップページ | 年に1度のワラサ祭り その2 »