« またもカワハギ釣りに その1 | トップページ | 「完全自作 沖釣り仕掛け」 »

2012年9月30日 (日)

またもカワハギ釣りに その2

20120929_181020
 満船の船は、1時間30分ほど走って竹岡沖に。波が高いかと思ったらこの日は凪、空もすっかり秋空で、絶好の釣り日和です。

 でも、天気がいい日はなぜだか釣果も渋いもの。この日のカワハギは形が小さいのか、アタリがあってもなかなか針がかりしません。午前10時20分に干潮になり、上げ潮が効き始めても状況変わらず。

 何とか1匹をものにしようと、小さなアタリにするどく合わせてしまい、空振る悪循環に。お昼までにキープサイズ2匹、15センチ以下の放流サイズ2匹の4匹だけ。

 船長さんの無線のやりとりを聞いていると、ほかの船宿も同じような状況みたい。「今期、最低だ〜」の嘆きも聞こえてきます。吉野屋の船長さんは、エンジン流しでゆっくりと前進し、カワハギを探索する作戦に。

 それでも渋いままでしたが、僕もその作戦にあわせて、仕掛けを5メートルほど投げて、周りの人との競合を避ける釣り方に変更。これが多少は当たってさらにキープサイズ2匹、放流サイズ3匹を追加。なんとかツ抜け(10匹以上)して、午後2時40分に沖上がりとなりました。23センチを最大にキープサイズ4匹、放流サイズが6匹。

 竿頭は20匹! 船中で200匹ほど。10匹は平均的な釣果でした。東京湾2度目のカワハギなので、まあこんなものでしょう。

 家に帰って針がかりが悪かった理由を検討すると、「カッ」のアタリでは合わせるな、とのこと。その場で静止するか、糸を送り込むぐらいがいいそうです。「カカカ」のアタリまで待って、カワハギを針に乗せるような感じで大きく聞き合わせろとのことでした。

 カワハギ、なかなか奥が深いですね。冬が近づけば群れが固まって、もう少し数釣りできると船長さん。カワハギの刺身はもう十分食べたので、鍋が食べたくなる季節になったら、また行ってみようと思います。

|

« またもカワハギ釣りに その1 | トップページ | 「完全自作 沖釣り仕掛け」 »

カワハギ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
川向の舞浜3丁目の釣り好きおやじです。
同好の師のブログを発見して楽しくなりました。
もしかしたら緑の牛丼屋さんあたりですれ違っているかも・・・。
釣り仲間とmixiでワイワイやってます。
どうぞ宜しくお願いします。

投稿: くろ | 2012年10月 2日 (火) 11時36分

>くろさん
 書き込みありがとうございます。かなりご近所さんですね。一度くらいは吉野屋さんでご一緒しているかもしれませんね。またお暇なときにご覧ください。好釣なものがあったら教えてください!

投稿: けんさん | 2012年10月 2日 (火) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またもカワハギ釣りに その2:

« またもカワハギ釣りに その1 | トップページ | 「完全自作 沖釣り仕掛け」 »