« 年に1度のワラサ祭り その2 | トップページ | 4年ごしで本命ゲット その1 »

2012年9月14日 (金)

ハリスの固さ

20120911_084148

 久しぶりの更新です。フロロカーボンのハリス、東レとかクレハとかサンラインとかデュエルとかいろいろあって、どれを選んだらいいか、いつも悩みます。「フロロ100%で、太さが同じなら、だいたい同じじゃないの」と、突き詰めて考えたことはありませんでした。

 でも、この前、浅草釣具の店員さんに聞くと、「全然違う! 釣果も違う!!」とのこと。ちょうど一つテンヤのリーダーが切れていたので、試しにシガーのFXR船(左側)という、ちょっとお値段高めのフロロを買ってみました。

 家に帰って、同じく2・5号数のシガー・船ハリス(廉価)と比べてみると、確かに違う!!! 何が違うと言ったら、柔らかさが段違い。FXRはしなやかで、船ハリスはかなり固め。5メーターほど使う一つテンヤマダイだと、潮なじみがFXRの方が自然だと思われます。同じく6メートルほど使うワラサにも影響大な感じ。一方、ピンと張るヒラメの幹糸には、安くて固い船ハリスの方が向いているかも。

 ハリスは高いと言っても、100M1000円が、1700円になるくらい。高くて感度のいい竿を買うより、よほど効果的なのかもしれません。ま、糸は同船者には自慢できませんが・・・

 いい勉強になりました。

|

« 年に1度のワラサ祭り その2 | トップページ | 4年ごしで本命ゲット その1 »

釣具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハリスの固さ:

« 年に1度のワラサ祭り その2 | トップページ | 4年ごしで本命ゲット その1 »