« 4年ごしで本命ゲット その1 | トップページ | NHKスペシャル、その後(6) »

2012年9月17日 (月)

4年ごしで本命ゲット その2

20120916_184820
 この日の干潮は午前11時。上げ潮になるまで潮緩く、カワハギのくいも今ひとつ。でも、おそらく外道でしょうがアタリ自体は頻繁にあって、退屈になることはありません。ベラやトラギスを釣りながら(リリース)、時合いを待ちます。午前11時ごろに、ようやく23センチぐらいの良型をゲット。

 食いが渋いので、船長は移動を決断。12時ぐらいにいいポイントに入ると、上げ潮も効いてきて、連釣、連釣。1時間ほどで、25センチを最大に、11匹まで数が伸びました。先に大きいのが釣れていたので、20センチ未満の4匹はリリース。

 午後1時を過ぎると、再びアタリは遠のき、追加は15センチ級1匹だけ(リリース)。午後3時に納竿となりました。釣果は13センチ〜25センチを12匹、持ち帰りは20センチ〜25センチの7匹。家族で食べるには十二分の量でした。竿頭は40匹超! 船中242匹で、僕は真ん中ぐらいだったみたい。東京湾初カワハギとしては、上々の釣果でした。

 カワハギは刺身と、ムニエルに。どちらも、ぷりっとしていて、そこそこ美味。刺身はヒラメに、ムニエルはタチウオには及びません。

 で、カワハギ釣り、4年ぶりに行ってみて、人気の理由が少し分かった気がします。

 (1)仕掛けがシンプルで、仕掛け2組と替え針があれば十分。持ち物は少なめ。片付けも楽。
 (2)アサリ餌なので、臭くならない。
 (3)アタリがしょっちゅうあり、気がつかないうちにアサリが取られていたりするので、1日中、飽きない。
 (4)技量が釣果を左右するので、通いつめる楽しみがある。
 (5)20センチを超えると、かなり引く。
 (6)さばくのが簡単で、身もそこそこ美味しい。秋になれば肝も絶品(らしい)。

 といった感じでしょうか。外房の一つテンヤのマダイ釣りと共通する部分が多いと思います。

 長々とすみません。地元の浦安からの釣り物で、繰り返し楽しめるものを探している僕にとっては、かなり有力候補かも。機会を見つけて、また行ってみようと思います。

 それでは。

|

« 4年ごしで本命ゲット その1 | トップページ | NHKスペシャル、その後(6) »

カワハギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4年ごしで本命ゲット その2:

« 4年ごしで本命ゲット その1 | トップページ | NHKスペシャル、その後(6) »