« 放射能測定の準備 その2 | トップページ | 年に1度のワラサ祭り その1 »

2012年8月31日 (金)

湾奥のシロギスの放射能を測定

20120831_115619
 河口付近に放射能のホットスポットが点在していると、NHKスペシャルで報じられた浦安。そこで釣れたシロギスは、放射能に汚染されているのでしょうか?

 市場に出回らず、行政が測ることもないので、個人で調べてみました。検体は、浦安・千鳥でこの6月から8月にかけて釣ったシロギスです。

 お世話になったのは、西日暮里にある日暮里放射能測定所「にっこり館」。500ミリリットルの30分コースにしてみました。

 セシウム137と134を合わせて7.8ベクレル/キロ以上なら測定できるとのこと。作業自体は、ミンチ上にした検体を丸いタッパーに入れ、鉛に囲まれた検出器に入れるだけ。タッパーの底には円筒状のくぼみがあり、そこの部分に機器をはめ込んで測るのだそうです。

20120831_142917
 で、待つこと30分。結果は、セシウム137が「検出限界未満<3.8ベクレル/キロ」、セシウム134も「検出限界未満<4ベクレル/キロ」でした。要は、「検出限界値より下なので測れない(未検出)」ということみたいです。

 放射能の感じ方は人それぞれですが、国の基準は合計で100ベクレル/キロ。検出限界未満なら、まず問題ないのではないでしょうか。浦安のシロギスがすべて安全かどうかは、これだけでは分かりませんが、少し安心することができました。

 検査費用は30分コースで4000円。もっと簡易な15分コースなら3500円です。東京湾の放射能汚染のピークは2年後とも言われています。浦安の釣り人として、息長くウォッチを続けていこうと思います。

 それでは。

|

« 放射能測定の準備 その2 | トップページ | 年に1度のワラサ祭り その1 »

シロギス」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
大変助かりまする。

投稿: ☆にょろり | 2012年8月31日 (金) 22時52分

>☆にょろりさん
 ☆にょろりさんこそ、いろいろな魚の検査、お疲れさまです。7月の☆にょろりさんの検査も含めると、浦安のシロギスは2度、未検出ということになりますね。

投稿: けんさん | 2012年8月31日 (金) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湾奥のシロギスの放射能を測定:

« 放射能測定の準備 その2 | トップページ | 年に1度のワラサ祭り その1 »