« 陸のシロギスは不調 | トップページ | 初ジギングでタチウオ釣りに その1 »

2012年6月23日 (土)

江戸川放水路のハゼは基準値以下(簡易検査)

 たかはし遊船さんのウェブサイトを見ていたら、どうやら市川市が江戸川放水路のハゼについて、放射性物質の検査をしたもよう。

 市川市のサイトを探したら、詳しい報告がありました。6月4日に調べたところ、放射性セシウム134、137と放射性ヨウ素が検出限界値以下だったとのこと。ひとまず、良かったです。

 でも、よく読むと今回は簡易検査で、ハゼの放射性セシウム137は「9.33未満(ベクレル/キロ)」で「検出限界値以下」となっています。どうやら9.33未満は計れない、という意味のようです。国の基準はセシウム134と137の合計で100(ベクレル/キロ)。今回の簡易検査だと、134と137の合計で約18(ベクレル/キロ)を超えないと、「検出限界値以下」となってしまいます。

 神奈川県や千葉県などが実施している詳細な検査では、134と137の合計で約8ぐらいから計れるようです。釣り人の不安を払拭するためにも、ぜひとも、これだけでなく詳細な検査を継続的にして欲しいと思います。

|

« 陸のシロギスは不調 | トップページ | 初ジギングでタチウオ釣りに その1 »

放射能と釣魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川放水路のハゼは基準値以下(簡易検査):

« 陸のシロギスは不調 | トップページ | 初ジギングでタチウオ釣りに その1 »