« 夜メバルへ その1 | トップページ | 浦安の津波 »

2012年4月22日 (日)

夜メバルへ その2

20120422_0923_2
 日がすっかり沈んでも、海は荒れたまま。仕方がないので、錘りを底につけたまま、わざと糸ふけを出す(糸をたるませる)作戦に変更しました。糸が張っていないのでアタリが出にくくなり、錘りが底なので根がかりもしやすくなりますが、これなら錘りが浮き上がることがありません。

 で、この作戦が当たってポツポツと追加。メバルはさっぱりでしたが、カサゴは飽きない程度に釣れて、15匹(リリース含む)で、午後8時50分の沖上がりとなりました。実釣2時間30分ほどなので、まあこんなもんでしょう。

 釣果はそこそこでしたが、夜釣りは暖かくて、風の無い日がいいなあ、と痛感。実釣2時間30分はちょっと物足りない感じ。なぎのいい日なら、なおさらでしょう。帰港は9時50分ぐらいでした。

 湾奥からの半日船、川崎のつり幸さんで2回、羽田のかみやさんで1回、今回で4回目ですが、金沢八景出世船の半日船と比べると、いつも実釣時間が短いと感じます。釣り場が遠いのが理由なので、船宿さんのせいではないですが。
 値段も1日船と1500円ぐらいしか変わらないので、あと1時間ぐらい実釣時間を増やしてくれれば、くたくたになる1日船よりこちらを選ぶのですが・・・

 ウェブサイトを見てたら、今月下旬から、なじみの浦安・吉野屋さんでもLTアジの半日釣りを始めるみたい。出船は午前5時30分と午後1時とのこと。でも、観音崎沖まで行ったら片道1時間30分以上。老舗で大手の船宿さんだけに、もう少し近場(猿島沖とか)を狙うなど何か工夫を考えているのかな。

 安・近・短は、湾奥の釣宿さんにも広がりつつあります。吉野屋さんの半日船がどんな感じになるのか、1度試してみたいと思っています。(おわり)

|

« 夜メバルへ その1 | トップページ | 浦安の津波 »

メバルとカサゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜メバルへ その2:

« 夜メバルへ その1 | トップページ | 浦安の津波 »