« サバ外し「たまちゃん」を作る | トップページ | 見明川のサンクスはどのチェーン店に? »

2012年2月20日 (月)

NHKスペシャル、その後(4)

 東京湾の放射能汚染についての解説が今朝の朝日新聞「ニュースがわからん」(有料域かも)に、ありました。

 それによると、「東京湾の濃度は数百ベクレルで、福島原発の沖合数十キロとほぼ同じ」。一方、「泥に混じったセシウムは粘土と強く結びついて水に溶け出さなくなる」「動物が泥をのみ込んでも体の中にはほとんど移らないらしい」とのことです。

 調査の数は少ないものの、湾奥のスズキやシジミのセシウム濃度が規制値を大幅に下回っている現状の説明にもなりますね。ただ、「泥のセシウム濃度のピークは事故から1、2年後」とのこと。もうすぐ1年なので、あと1年は濃度が上がる可能性も。

 先日の東京新聞には、環境省の調査の速報が載っていて、予想通り、高いセシウム濃度が計測されていました。湾奥の放射能汚染のことが徐々に分かってきましたが、まだまだ楽観できないと感じています。

|

« サバ外し「たまちゃん」を作る | トップページ | 見明川のサンクスはどのチェーン店に? »

放射能と釣魚」カテゴリの記事

コメント

浦安市の環境保全課に問い合わせたところ
「千葉県では、現在までに実施した結果をホームページで公表しております。
この結果から、検査を行った全魚種において、放射性ヨウ素、放射性セシウムともに、暫定規制値以下でした。」
との返事でした。
私の知りたいのは、浦安周辺の状況なのですが、これは自分で釣った魚を、自分自身で調べるより方法が無さそうです。

投稿: ikeda | 2012年2月21日 (火) 21時24分

>ikedaさん
 そうですか。情報提供ありがとうございます。
 環境省が3月末に湾奥の汚染を公表したら状況は変わるかもしれません。その時を待って僕も問い合わせてみようと思ってます。

 最終的には釣り人が自力で調べるしかないかもしれませんね。

投稿: けんさん | 2012年2月21日 (火) 21時49分

はじめまして。

いろいろ情報をあつめるうちに、東京湾の水産物汚染はそんなに
ひどくならないのではないかと考えるようになりました。

その理由について、リンク先のブログに記事を書きましたので、
よろしければご参考まで。

投稿: コンタン | 2012年3月 3日 (土) 15時12分

>コンタンさん
 はじめまして。貴重な論考ありがとうございました。勉強になりました。「ひどくならないのでは」というご意見、たしかに同意できる部分が多々あります。

 ただ、市場に流通する魚と違い、湾奥の釣魚については定期的な調査がほとんどない点が気になっています。調査がもう少し増えれば、湾奥でも釣りをしようと思えるのですが・・・

 いずれにしてもありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: けんさん | 2012年3月 3日 (土) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル、その後(4):

« サバ外し「たまちゃん」を作る | トップページ | 見明川のサンクスはどのチェーン店に? »