« カワハギ竿を大修理(3) | トップページ | イカを追う »

2012年1月21日 (土)

RV125のバッテリーを交換

20120121_1138_2
 購入から3年。愛車のRV125のバッテリーが弱ってきました。このバイク、セルのほかにキックもついているのですが、踏み込んでもピストンがうまく回らず、キックでかけるのはほぼ絶望的。バッテリーがだめになると、動かなくなってしまいます。

 で、近所のアキヤマサイクルに持って行ったら、18000円ぐらいかかるとのこと。た、高い。車並みです。ネットで調べたら、バッテリーぐらいは自分で交換できそうなので、アマゾンで注文することに。型番はYTX9-BS。最初のYはユアサ製という意味なので、TX9-BSが一致すればいいみたい。値段は大変お安くなっていて5000円弱。定価とずいぶん違います。

 めちゃ寒い週末でしたが、バッテリーが届いたのでさっそく交換することに。詳しい交換手順はkazz爺さんのウェブサイトを参照しました。kazzさんありがとうございます。

 まずバッテリーに注液を注ぎ、20分間放置。その間にリアカバー → サイドカバーの順に取り外します。やや難しいのはサイドカバー。すべてのネジを外しても、逆L字のフックで固定されているので、結構力を入れて後ろ向きに引っ張る必要があります。

 それで、カバーさえ取り外せば、バッテリーの交換自体は覆いを外してナットを回すだけ。全作業は30分で完了。バッテリー交換は意外なほど簡単でした。

 元のバッテリーを見ると同じくYTX9-BSで、2008年10月31日と記してありました。僕のように週末短距離走行が主体だと、3年ぐらいが寿命ということかも。

 エンジンをかけると、気持ちよく一発始動に。納得のいくガレージ作業となりました。

|

« カワハギ竿を大修理(3) | トップページ | イカを追う »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RV125のバッテリーを交換:

« カワハギ竿を大修理(3) | トップページ | イカを追う »