« 富偏在のイカ釣り その1 | トップページ | 富偏在のイカ釣り その3(おわり) »

2012年1月29日 (日)

富偏在のイカ釣り その2

20120129093818
 この日のタックルは修理した1.9メートルカワハギ竿と、シマノ・ベイゲームの小型両軸リール。船長さんに聞くと、海面から中錘りまでの深さで棚を指示するので、それをきっちり守るのがコツとのこと。ハリス4メートル統一もそのためだそうです。なるほど。

 この日の竹岡沖は風もうねりもそこそこあるコンディション。探検丸miniで水深をみながら船長さんの指示を聞くと、海底から2〜3メートル上にエギが来るように指示しているみたい。「プッ」の大音量ブザー音が、仕掛け投入と回収の合図だそうです。

 手順が分かったので釣り開始。ところが! この日は食い渋く、アタリらしきものはほとんどありません。エサを使った釣りでは外道が突くなど多少は生体反応があるのですが、エギ(ルアー)だとそうもいきません。ほぼ無反応。大音量の「プッ」にびくっとしながら、黙々と船長さんの指示棚で竿をしゃくり続けるだけ。???。

 左右の大ドモに陣取った2人がアオリイカを釣り上げたようですが、トモまで回ってこず。底付近でスミイカ狙いたかったのですが、スミイカがいる場所かどうかも分からないので、エギの色をローテーションしながらひたすらシャクリ続けました。

 でも、相変わらず生体反応無し。船長さんに釣り方が悪いのかと聞きに行くも、シャクって10秒待ち、シャクって10秒待ちを繰り返すしかないとのつれない返事。

 何が面白いんだか・・・そんな思いもよぎりましたが、どうしようもありません。また、大トモの人がアオリイカをゲット。う、うらやましい。何が違うのかと手を休めて釣り方を凝視してみました。両大トモの2人はメバル竿のような長竿を使い、エギも大きい。でも、短いストロークで素早くシュっとやるシャクリ方に、そんなに違いはありません。???。疑問ばかりが膨らみます。(さらに続く)


|

« 富偏在のイカ釣り その1 | トップページ | 富偏在のイカ釣り その3(おわり) »

イカ・タコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富偏在のイカ釣り その2:

« 富偏在のイカ釣り その1 | トップページ | 富偏在のイカ釣り その3(おわり) »