« カワハギ竿を大修理(2) | トップページ | RV125のバッテリーを交換 »

2012年1月15日 (日)

カワハギ竿を大修理(3)

20120115_2055
 完成はこんな感じです。ガイドはだいたいの位置に借りどめして、竿を曲げながら調整。間隔が長すぎると、糸と竿とがくっついてしまいます。

 で、位置を決めたらガイドを補修糸で巻いて固定。ぐるぐる巻いて、ハーフヒッチで5回程結んでとめます。瞬間接着剤をつければカチカチに。さらにエポキシ樹脂塗料を上塗りすれば完成です。

 見栄えを良くするにはかなりテクニックがいりますが(そんなにうまくいかなかった)、折れた部分を直すだけなら簡単、というのがやってみた感想です。ただし、竿先がグラスソリッドの場合に限りますが・・・

 この自作竿でカワハギ釣ったら楽しそう。ロッドビルド、小物の船竿でやっている人はあんまり見かけませんが、はまってしまいそうです。

 ではでは。

|

« カワハギ竿を大修理(2) | トップページ | RV125のバッテリーを交換 »

釣具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カワハギ竿を大修理(3):

« カワハギ竿を大修理(2) | トップページ | RV125のバッテリーを交換 »