« ワラサ祭り その1 | トップページ | 探見丸MINI PLAYSを使ってみて »

2011年9月24日 (土)

ワラサ祭り その2

20110923_16_01_01  剣崎沖に戻ってきたのは、11時過ぎ。既に大船団が出来ていて、たもにワラサが取り込まれているのが見えました。

 沈滞ムードだった大松丸のおやじたちがあわただしく動きだし、釣り開始。ほどなくすると、船長が、左舷で1本、右舷でもあがったよ、とマイクでの報告を始めました。船中が一気にハイテンションに。ワラサ祭りの開始です。

 僕も続こうとしたら、何人もの絡まった仕掛けが、絡まっていない僕の目の前で海面上に上がってきました。こうなると仕掛けを降ろすこともできず、10分ほどロス。イライラして、アドレナリン大放出。祭り中に糸がまつるとは。親父ギャグを言っている場合じゃないですね。

 で、ようやく仕掛けを降ろせたら、すぐにズドンと竿が突き刺さりました。き、きたよ。今度はバレないように慎重にやりとりして、3キロほどのワラサをゲット!。家で測ったら64センチ。や、やりました! 

 でも、ワラサ祭りは30分ほどで終了。ハリスを4号に落として食い気を誘って針がかりさせるも、またもハリス切れ。今年のワラサは大きめなので、混んだ船中で4号は無理かも。

 さらに、ひどい2枚潮でハリスや道糸のおまつりが頻発。午後1時に沖上がりとなりました。

 昨年のワラサは、1日中ポツリポツリという釣れ具合だったので、怒濤のワラサ祭りは初体験。噂には聞いていましたが、すごいですね。ただ、船の四隅をとらないと、ハリスがまつって釣りにならないことも分かりました。

 帰りの車中。いつもは眠気をこらえての運転なのですが、この日は眠気なし。最後に大放出したアドレナリンの効果は、帰るまで続くほど。来年もまた行ってみようと思います。

|

« ワラサ祭り その1 | トップページ | 探見丸MINI PLAYSを使ってみて »

イナダ、ワラサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワラサ祭り その2:

« ワラサ祭り その1 | トップページ | 探見丸MINI PLAYSを使ってみて »