« 週末は竿出せず | トップページ | 浦安の団地が液状化しなかったわけ »

2011年8月 7日 (日)

シロギスにふられる

20110807192439
 シロギス釣り、負の連鎖の週末でした。
 
 土曜日は、いつもの浦安・千鳥へ。

 連日の暑気払いで疲れていたので、ちょっと遅めの6時半から釣り開始。金曜まで川から濁った水が流れ込んでいたので、釣れるかどうか半信半疑。豆腐岩の方には釣り人がぎっちりいたので、スロープ下から始めました。

 で、アタリ少なく、かといって移動しようとするとアタリがあったりする微妙な感じで、ずるずると。隣のおじさんが「金曜は昼頃からよく釣れた」と教えてくれたのですが、用事があったので9時で終了。結局、シロギス3匹だけでした。

 実は、翌日、船でキス釣りに行く予定があったので、豆腐岩の方まで歩いて行ったり、昼まで待って釣ったりしなくてもいいかと。この考えが甘かった。

 日曜日は、釣りを始めたいという会社の同僚を連れて、羽田の「かみや」へ。夏限定で半日船を出しているので、初心者にはそのくらいの長さがいいのではないかと、初の船宿へ。
 このところ、東京湾のシロギスは爆釣。名人クラスだと1日船で4束(400匹)とのことだったので、半日でも30匹ぐらいは釣れるはず。釣りの先輩格としても鼻高々、のはずでした。

 ところが・・・釣りをしている人ならもうお気づきでしょうが、この「獲らぬ狸の」が大誤算となりました。
 9人ほどを乗せて午前7時30分に出船。木更津沖に着くと、海は湖のように静かで、風もなくベタなぎ。船は流れず、小潮なので潮も動かず、午前10時ごろまで船中ほぼ沈黙。こんなこと、シロギス釣りでは初めてです。

 で、午前10時30分ごろから多少は釣れ始めたのですが、余計な食いはなく、結局14匹のみで午前12時にタイムアップ。

 後で釣果をみると、それでも手練は50匹以上釣っていたみたい。手練の3分の1なら、僕の実力だとまあ、そんなもんなのですが、甘い夢を見ていたので、がっくし。この数なら、浦安・千鳥でも釣れたような気がしないでもありません。あるいは、手堅く浦安の吉野屋さんにお世話になるべきだったかな。

 それで、帰って、ほかの方のブログや(((=∩_∩=)))さんのコメントを見ると、土曜日、千鳥で釣れていたんですね!

 海は思い通りにならない。そんな当たり前のことを、またまた再確認してしまった週末でした。
 まあ、魚に翻弄される「釣りオヤジ」にありがちな週末だったということでしょうか・・・。

 長文になりました。

 ではでは。 

|

« 週末は竿出せず | トップページ | 浦安の団地が液状化しなかったわけ »

シロギス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シロギスにふられる:

« 週末は竿出せず | トップページ | 浦安の団地が液状化しなかったわけ »