« 釣り用の時計買う | トップページ | 浅草釣具の大バーゲン »

2010年12月 5日 (日)

ヒラメを止めて大アジ釣りに

20101204_1100 土曜日に大アジ釣りに行ってきました。本当は鹿島までヒラメ釣りに行こうと思っていたのですが、家族が車を使うことが判明。バイクで5分の地元浦安から出船することにしました。

 お世話になったのは、これまた久しぶりの吉久さん。現在、東京湾全域で好調なアジですが、ウェブサイトをみると吉野屋さんは小中アジの数釣り、吉久は大アジ狙いのようだったので、吉久さんに。

 定刻の午前7時過ぎに出船。釣り人は10人ほど。客足が鈍かったようで、1時間前の到着で右の大どもがとれました。これなら、もう1本、泳がせ用の竿を持ってくれば良かったな。

 で、航程1時間半で横須賀沖に。大アジの場所は遠いので、この時間はたいくつ。でも、ベタナギで天気よく、きれいな富士山が見えました。

 午前8時30分ごろ、ようやく釣り開始。猿島沖の水深35〜40メートルのポイントです。最初は様子見と2号の3本針を使っていたのですが、絡むので3号の2本針にチェンジ。アジの食い気はそこそこあり、大アジがポツポツと取り込まれて行きます(写真)。1メートル巻いてコマセ、さらに1メートル巻いてコマセ、で僕も40センチ超の大アジを4匹ほどゲット。

 でも、大どもの僕でもこんな程度。釣り人少なく、大潮なのでコマセも効きにくく、11時過ぎると尻すぼみに。15センチ超の小さなアジばかりになってしまいました。僕は充分釣ったので、置き竿にしてアジとサバの下処理に。エラと内臓を除いておくだけでも、家での調理がずいぶん楽なので・・・。

 船上で数えたら、大アジ4匹、中小アジ17匹、マサバ1匹、ゴマサバ3匹でした。20リットルのクーラーはほぼ満タン。最大のアジは42センチほどあったので、自己最大だったみたい。大きなアジをもうちょっと釣りたかったですが、釣果的には満足、満足です。


P1060554 で、アジを必死にさばいて、アジフライとお刺身に。お刺身はもちろんですが、釣ったばかりの中小アジを使ったアジフライは、いつ食べても美味ですね。臭みがなく、ほっこりしていて、お店で食べるのとは別物です。知り合いに、このアジフライが食べたいために釣りをしている人がいますが、良くわかる気がします。

 振り返ってみると、イナダやヒラメを追っかけていたので、浦安から出船するのは4カ月ぶり。のんびりと、東京湾の小物釣りを楽しんだ今月の釣行でした。

 長文になりました。
 ではでは。

 

|

« 釣り用の時計買う | トップページ | 浅草釣具の大バーゲン »

アジ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒラメを止めて大アジ釣りに:

« 釣り用の時計買う | トップページ | 浅草釣具の大バーゲン »