« またも江戸川放水路でハゼ釣り | トップページ | 釣り用の時計 »

2010年8月 8日 (日)

名古屋のごてごて仕掛けでタチウオに挑む

20100808 久しぶりの更新です。今週末はタチウオ釣りに行ってきました。数えてみるとタチウオは4回目。前回は釣り初めにもかかわらずオデコをくらった魚種です。

 で、選んだのは金沢八景の弁天屋さん。20人以上を乗せて午前7時15分に河岸払いとなりました。今日の釣り場は第2海保周り。南風の上げ潮なので、トモが潮先とみて、若干トモ寄りの胴の間に席を取りました。

 夏のタチウオはまだ開始して間もないはずなのに、なぜか魚群は50メートル超の深場にいるとのこと。重りは60号で統一。いつもは30号なので2倍の重さ。80号の冬のタチウオに近い感じです。

 船長さんによると、いつも竿先をふわふわ動かしていないと釣れないとのこと。ふわふわさせながら、リールを4分の1回転〜半回転させれば良いそうです。

 仕掛けは6号2メートルの1本針(1/0)を自作。餌も生のサバを持参しました。でも、弁天屋さんのしかけもヒラヒラとするように薄くしてあって、なかなかいい感じ。これをヒラヒラさせれば、タチウオもたまらないでしょう。

 ところが!この日は食いが渋く、終始ポツリポツリ。僕も早い段階で3匹釣ったものの、2匹掛け損ねた後はアタリもなし。おまけに60号は重く、かなりの重労働です。50メートルと水深も深いので、きっとあんまりヒラヒラしてないような。

 それで、最後はこっそりと必殺技の「名古屋のごてごて意地汚い仕掛け」を投入しました。知多半島の「まとばや」さんの仕掛けで、初めての沖釣りでタチウオ入れ食いを経験した縁起のいいものです。

 針の上部にはド派手なピンクのタコベイト、針の下には3本針の孫針。東京湾の船宿さんでは、たいてい「仕掛けはシンプルに」といいます。でも、名古屋らしい全部入りのごてごて仕掛け、僕は好きなんです。

 で、持参した分厚い生のサバをつけると、即座に反応が。立て続けに2匹を追加できました。
「名古屋をばかにしないでちょ〜よ」とテンション上がりましたが、良かったのはここまで。後は反応なしに逆戻りし、午後1時30分ごろ沖上がり。

 結局釣果は5匹。胴の間の周囲はだいたいそんな感じでした。オモリは重いけどクーラ軽い、そんなやや不完全燃焼のタチウオとなりました。

 過去4回のタチウオは、30匹超の入れ食い(まとばや)→7匹(吉久)→ゼロ(吉久)→5匹(弁天屋)と乱高下。ま、前回はおでこだったので、良しとしないといけませんね。

 長文になりました。

 ではでは。

|

« またも江戸川放水路でハゼ釣り | トップページ | 釣り用の時計 »

タチウオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋のごてごて仕掛けでタチウオに挑む:

« またも江戸川放水路でハゼ釣り | トップページ | 釣り用の時計 »