« 再び江戸川放水路へハゼ釣りに | トップページ | サヨリの偵察へ »

2009年9月13日 (日)

沖釣り1年、再びタチウオ釣りに

001  浦安・千鳥の投げ釣りから始まった釣り生活。転勤先の名古屋で沖釣りを始めたのはちょうど1年前のことでした。知多半島沖のタチウオ釣りで、あっという間にクーラー満杯。沖釣りの何と楽なことかと複雑な気持ちになったことが思い出されます(すぐに、この日はたまたまで、そんなに甘くないことが分かりましたが・・・)

 1周年を勝手に記念して、今週末はタチウオ釣りに行ってきました。昨年と同じでは芸がないので、ライトタックルで楽しむLTタチウオ釣りです。浦安の吉久さんにお世話になりました。

 一本針と短いチューブだけのシンプルな仕掛けが主流の東京湾ですが、僕は知多半島で主流のごてごてした仕掛けでチャレンジ。針の根本にタコベイトをつけ、針にさらに孫針をつける仕掛け。引っかけてでも一匹でも多く釣ろうという姿勢がいかにも名古屋っぽくて好きなんです。

 この日は小潮。しかも午前11時前に満潮になると、その後はほとんど潮干差がありません。アジ釣りには良い日並みですが、タチウオはちょっと厳しいかも。ほかの釣り人も同じように思ったのでしょう。天気が崩れるという予報も重なってお客さんは6人だけ。左舷のミヨシ(船の先の方)に釣り座を構えました。

 航程1時間で、観音崎沖に到着。水深は60メートル前後。棚は底から5メートルから20メートルくらい。重り40号のライトタックルにはやや深めです。竿先を海面まで下げ、胸ぐらいまでシュッとしゃくり、数秒ストップ。その繰り返し。1日なので結構疲れます。

 で、肝心の心の釣果はというと、指3本から4本のタチウオが7匹。10匹以上のツ抜けを目指していたのですが、まあこんなものでしょう。巻き上げ途中のバラしも3回はあったので・・・左舷の釣果は似たり寄ったりでした。

 5匹が11時までの釣果。やっぱり潮が動かないとだめですね。名古屋仕掛けに威力があるのかどうかは、時合いが短すぎて比較できませんでした。船長さんから「シンプルな船宿仕掛けの方がいいですよ」と勧められ、最後の1時間は試してみたのですが、すでにタチウオ自体が釣れなくなっていました。

 それにしても、LTで釣るタチウオは、通常タックルでのタチウオとは別物ですね。4本クラスになると、巻き上げるのにも一苦労。竿も折れんばかりに曲がり、めちゃ、楽しめます。10匹釣れれば大満足という感じです。

006  家に帰って、塩焼き、カルパッチョ、刺し身、骨煎餅にして食べました。子どもたちには塩焼きと刺し身が大好評。僕としては、骨煎餅をつまみにしたビールが最高でした。

 タチウオは深場に落ちていくので、ライトタックルはそろそろ厳しいかも。でも、なかなか楽しい釣りでした。次は伝統的なタチウオ釣りをやってみようと思います。

|

« 再び江戸川放水路へハゼ釣りに | トップページ | サヨリの偵察へ »

タチウオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖釣り1年、再びタチウオ釣りに:

« 再び江戸川放水路へハゼ釣りに | トップページ | サヨリの偵察へ »