« 今年の初サヨリ | トップページ | 名港海づり公園へ »

2008年8月10日 (日)

まる一日冨具崎港

001  今週末は妻子が一足先に実家に帰っているので、釣りまくりの大チャンス!

 で、行って来ましたよ。土曜日に冨具崎港に。近頃は内海に通っていたので今年初です。シロギスの魚影なら内海の方が濃いと思いますが、思いっきりプライムキャスター33号の投げ練習しようと。

 ゆったりめの午前6時到着。重り30号で練習をしているのですが、なかなか4色(100メートル+力糸)から飛距離が伸びません。うまくいって5色(125メートル+力糸)という感じです。やっぱり、竿が固すぎるかな。

 何よりも、この竿と重りだと、ブルブルの魚信がいまいち伝わってこないんですよね。「あら、釣れてた」の10匹よりも、「おら、食った!」の1匹の方が嬉しいと感じる今日このごろなので、ちょっと不満。

 それなので、今日はもう1本持ってきました。買ったばかりのスピンジョイ360GX(20号)。息子用の入門竿です。これに15号の重りで、「そりゃ」。何と、軽く3色(75メートル+力糸)は飛ぶではありませんか。スリークオーターで投げたら4色飛んだこともありました。あらら。すっかりこっちが気に入って、こっちばっかり使ってました。魚信もくっきり、するどく振り切れて、投げても楽しいです。

 で、肝心の釣果ですが、シロギスはさっぱりでした。1匹のみ。いつものようにメゴチ多数。ある時間帯は、タイの子どもが入れ食いになりました。ちびカワハギまで釣れ、かわいそうなタコまで頭に針がかかりました。やはり冨具崎、魚影が濃いですね。

004

 昼には灯台らーめん食べて、夕方からアジのサビキ釣り。何しろいそいで家に帰らなくて良いので、いられるだけいてやろうと。

 この日は渋い、と常連さんは言っていましたが、なんのなんの。夕方から13匹ほど釣りました。10センチを超える大きさになっているので、1人で食べるには十分です。

 サビキ釣りは潮が動かない日の方がいい、とも教えてもらいました。まき餌がちらばらないからだそうです。午後6時までねばって、この夕焼け。冨具崎を満喫した1日でした。

005小潮 満潮 11:24 干潮 16:22

|

« 今年の初サヨリ | トップページ | 名港海づり公園へ »

シロギス」カテゴリの記事

名古屋編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まる一日冨具崎港:

« 今年の初サヨリ | トップページ | 名港海づり公園へ »