« カブトムシ、散る | トップページ | 並継ぎ竿をゲット! »

2007年8月15日 (水)

ペルセウス流星群を見に

 昨日、ペルセウス流星群を見に行ってきました。毎年この時期に最も活動が活発になる流星群ですが、今年は新月が重なり絶好の観測機会とのこと。月の明かりに邪魔されないので、ビシビシと流れ星が見えるそうです。

 子どもが見に行きたいとせがむので、13日に行くつもりだったのですが夜はあいにくの曇りで断念。14夜も愛知、岐阜、三重は曇りの予報。星空指数も低いのであきらめかけていたのですが、午前零時になっても星が見えていたので行ってみることにしたんです。

 以前、「星を見たいなら1時間でいいから高速で都市から離れるべし」という天文学者のアドバイスをラジオで聞いたことがあります。1時間・・・ならば行くしかありません。最近のホームグラウンド知多半島へ(笑)。

 夜、知多を走るのはお手の物。午前1時に内海海岸に到着。若者がたくさんいて騒々しかったので、すこし北に戻った海岸に陣取りました。

 ・・・見上げると、びっくりするほどの数の星が見えます。名古屋の空とはまるで別物。天の川も流れています。1時間でこうも違うものでしょうか。流れ星は数秒間、空が明るくなるほどの大物からキラリと光る小さなものまで、本当によく見えました。子どもたちも大喜び。流れ星を見るたびに歓声をあげました。

 いい、星空観察になりました。ペルセウス流星群は徐々に見えにくくなっていくそうですが、ここ数日はまだまだ観察できると思います。お勧めの時間が午前0時過ぎから明け方までとやや遅いですが、もし夜空が見えたらお勧めですよ。

|

« カブトムシ、散る | トップページ | 並継ぎ竿をゲット! »

名古屋編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペルセウス流星群を見に:

« カブトムシ、散る | トップページ | 並継ぎ竿をゲット! »