« ハゼ釣りのリベンジ(亀崎港) | トップページ | またもや冨具崎港へ »

2007年8月11日 (土)

サッパが入れ食い

001  お盆休み突入。なのに一足先に夏休みを取ってしまった僕にとっては普段の週末です。しかも土曜だというのに一色町で仕事があったので、ついでに行って来ました。碧南中電海釣り広場へ。

 車に釣り道具を積んで置いたんです。仕事を終えた午後6時からの釣りです。釣り広場近くのいとう釣具店に立ち寄っていろいろ聞くと、どうやらサビキサッパが釣れているとのこと。

 氷とコマセとサビキ仕掛けを買って、そそくさと現場に入りました。なかなかの人出ですね。歩いていると、あちこちでサッパが釣れています。

 時合いを逃してなるものかと、さっそく釣り開始。場所は二つ目の排水溝の所です。火力発電所から暖かな水が流れ出ています。

 流れが速くてコマセが利かないのでは?と隣のおじさんをみると、コマセは使っていないよう。僕も真似してコマセ無しでやってみました。

 結果は、入れ食いです。サビキ仕掛けについてた銀色の集魚板がめちゃめちゃ効果を発揮しているようです。ちょっとサビクだけで、ひらひらと集魚板が揺れ、すぐにサッパが食いついてきます。

 う、うれしい。ついつい夢中になって20匹余りゲット。ハッと吾に帰りました。

 「これ以上釣ったら、食べきれないかも」。

 で、1時間もたたずに釣り終了。後はつり広場を見て回りました。みんな概ね釣れていましたが、釣れ具合には差があるようですね。

 やはり、近くの釣具店お勧めのサビキ針(集魚板つき、バケは半透明の白)が、この日は良かったようです。

 隣のお兄さんはほとんど釣れず、ちょっと気の毒でした。ひょっとしたらアジを狙っていたのかもしれませんが・・・

002 夕まづめに満潮と潮回りが良かったせいもありますが、ハゼよりずっと大きいので、子ども連れには亀崎よりもこちらの方がお勧めかもしれません。ただ、満潮などの時合いを見計らわないといけませんが・・・

 秋にはサヨリも釣れるそうなので、また行ってみたいと思います。

 ではでは。

|

« ハゼ釣りのリベンジ(亀崎港) | トップページ | またもや冨具崎港へ »

そのほかの魚」カテゴリの記事

名古屋編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッパが入れ食い:

« ハゼ釣りのリベンジ(亀崎港) | トップページ | またもや冨具崎港へ »