« 冨具崎港へシロギス釣りに | トップページ | サッパが入れ食い »

2007年8月 6日 (月)

ハゼ釣りのリベンジ(亀崎港)

Dvc00007 早起きして行ってきました。亀崎港リベンジに。ターゲットはもちろんハゼです。

 満潮に向かっていくなかなかの潮回り。平日は常連さんばかりなので、どこが釣れるかすぐに分かります。

 ・・・なるほど。やはり港内だったのですね。7月上旬に家族で来たときは、海に落っこちないようにと公園の柵の外から釣りをしていました。ですが、今日はだれもそんなところで釣っていません。

 この日はまず浮き仕掛けから。のべ竿で港内に仕掛けをおろすと、毎回、必ずといっていいほどあたりがあります。

 でも、玉浮きが大きすぎて微妙なあたりが分かりません。で、ミャク釣り仕掛けに変更。1号の道糸に極小のハリス止めを結び、その上に小さな重りをくっつけるだけのもの。あたりは穂先で感じます。浮きがないので、エサは必ず底に行くし(ハゼは底を泳いでいるのでとっても重要です)、微妙なあたりも分かります。ずっと糸を張っていないといけないので、子どもにはちょっと難しいかもしれませんが・・・

 ちなみに、今日のエサはジャリメ(石ゴカイ)です。浦安の境川では、釜揚げ桜エビやブラックタイガーなども有効でした。ここでもたぶん大丈夫でしょう。

 で、亀崎港が「ハゼの魚影だけはめっぽう濃い」というのは本当ですね。常連さんに聞いたら、今年は特に良いとのこと。やっぱり釣るなら満潮ごろ、しかも大潮のころがいいそうです。

Dvc00008  調査が目的なので、早々に退散しましたが、満潮を狙えば、子どもが浮きで釣っても5匹は堅いと思います。

 お盆のにぎわいで、8月も中旬を過ぎると場荒れが進むそうですが・・・

 エサ取り名人のハゼとの勝負、おすすめですよ。

 ではでは。

|

« 冨具崎港へシロギス釣りに | トップページ | サッパが入れ食い »

ハゼ」カテゴリの記事

名古屋編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハゼ釣りのリベンジ(亀崎港):

« 冨具崎港へシロギス釣りに | トップページ | サッパが入れ食い »