« ハゼいない | トップページ | 取材が甘いぞ! 釣り雑誌 »

2006年9月 4日 (月)

ギャング釣り

20050903_003 サヨリがまだやってこないので、日曜朝は「ギャング釣り」というのを初めてやってみました。もちろん場所は浦安・千鳥のクリーンセンター裏です。

 キスの投げ竿とリールをそのまま使い、道糸はPEの4号に代えました。太いので、力糸は不要です。で、スナップスイベルを結んで、写真のような仕掛けをつけるだけ。仕掛けは浦安工房ので、3個1000円ちょっと、針はカットウ針の20号をつけました。これは4個で200円ちょっとです。どちらも、上州屋浦安店の薦めるままに買いました。

 釣り方は単純です。餌もいりません。午前5時半ごろに、現場着。すでにたくさんの人がギャングをしています。ビューッと投げると、仕掛けが100メートルぐらいぶっ飛んでいきます。それをひたすら巻き上げるだけ。底をガガガーッと針が通っていくので、巻き上げは結構重いです。体力がいります。

 常連さんに聞いたら、巻き上げる早さも、針が底を離れなければこだわらないとのこと。なので、ゆーっくりのキス釣りと違い、すぐに巻き終わってしまいます。で、またビューっと投げるの繰り返し。2時間もやると、へとへとになります。体力勝負の釣りですね。

 この日は魚は一匹もかからず。でも、毎回、サザエ、赤貝もどき、巻き貝などがひっかかってくるので、そこそこ楽しめます。千鳥全体では、午前7時ぐらいまでで、カレイが4枚ぐらいあがったそうです。

 魚との駆け引きとかがないので、「釣り」といえるのかは微妙な気もしますが、大物をゲットするまでやってみたいと思います。サヨリが来たら、サヨリ釣りに切り替えるので、サヨリが来るのが先か、大物を釣るのが先か、という感じです。

 では。

|

« ハゼいない | トップページ | 取材が甘いぞ! 釣り雑誌 »

ギャング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギャング釣り:

« ハゼいない | トップページ | 取材が甘いぞ! 釣り雑誌 »