« 浦安のキス釣り仕掛け考(その2) | トップページ | 浦安のキス釣り仕掛け考(その4・終わり) »

2006年7月 5日 (水)

浦安noキス釣り仕掛け考(その3)

 今日はモトスとハリスについての考察です。

 最初は、市販のキス釣り仕掛けを使っていました。7号針が3本ついたもので、2組で200円ぐらいと値段も安いです。

 でも針って意外と失うんですよね。根がかりして一つだけ無くなったり、フグにかじられたり。3本が2本になると釣るチャンスも少なくなるような気がして、一つでも欠けると全部を取り換えていました。

 それだと手間もかかるし、ゴミも出ます。

P1000112  なので仕掛けを作るようになりました。といっても、「がまかつ」からでている、4本セットの砂擦り(糸がらみ防止の太い撚り糸)、針付け用のチチワ付きモトス、さらにチチワ付き針(キススペシャル6号)を組み合わせたもの。半自作ですね。

 でも、この組み合わせは良く釣れました。フロロカーボンという糸の素材が良かったのか、それとも小さめの針が良かったのか。値段は10セット分(針30本)で1500円。市販より高めです。特に砂擦りは糸を三つ編みしてサルカンで留めているだけなのに500円と高く、自分でも作れそうです。

 で、今度は仕掛けを完全に自作することにしました。ホンテロン1.5号という糸を買ってみました。細い針金みたいにパリッとしていて、糸がらみは少なくなりそう。キス専用と書いてありますが、堅い糸なので、食い込みはどうでしょうか?

 うーん。とにかく、三つ編みにて砂擦り完成。モトスにも30センチ間隔で小さな輪(チチワ)を作りました(がまかつを真似しました)。
 針はハリス付きの6号を買ってきたので、それぞれのチチワに計3本セットします。

 仕掛けは完成!後は釣りに行くだけ。
 と思ったら土曜は仕事になりました。とほほ。

 日曜早朝に試してみますね。

(しつこく続く)

|

« 浦安のキス釣り仕掛け考(その2) | トップページ | 浦安のキス釣り仕掛け考(その4・終わり) »

シロギス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦安noキス釣り仕掛け考(その3):

« 浦安のキス釣り仕掛け考(その2) | トップページ | 浦安のキス釣り仕掛け考(その4・終わり) »