« 早起きしたのに・・・ | トップページ | 力糸をPEに »

2006年7月23日 (日)

ついに20センチ超 同じシロギス??

_003  今日は夜のお仕事なのですが、午後から行ってきました。いつものクリーンセンター裏(浦安)に。
 昨日は雨の濁りのせいか、シロギスのアタリすらない状態。釣れるはギマとヒイラギばかりという状況でした。

 今日も海へと続く見明川はまっ茶色だし、おまけに朝方雨も降っていました。「今日も釣れないんだろうな」とボウズ覚悟の釣行です。釣れない、という予想を確認したかったんです。

なのに、80メートルほど投げたら、行きなりあのブルブルが。16センチのキスゲット。見ると周りもぼちぼち釣れています。次が空振りで、さらに投げると今度は少し小さめのがダブル。何で釣れるの? 頭の中は???です。

 この日の餌は、余りもんのジャリメに加えて青イソメ。三本針の二つにジャリメ、間に青イソメをつけました。ダブルのキスを見ると、ジャリメだけ食ってます。

 ですが、金曜夜に自販機で買ったジャリメはほとんど死にかけていてふにゃふにゃ。ふにゃふにゃなのはキスも嫌いらしく、後が続きません。

 どうせ1時間半だけしか時間がないので、思い切ってぜんぶ青イソメに切り替えました。なるべく細いのを選んで。ハゼがかかったり、スズキの稚魚?がかかったり。

 もう帰ろうとおもったときに、ゴンっというアタリがありました。竿がしなります。最後にギマか?と思いましたが、引きがそれより強く、何が釣れたのか分からないままリールをまきました。

 よっと抜き挙げると、なんと巨大なキス。22センチはあります。いつもの良型16センチとくらべても、まるで別物です。(写真を見てください)

 シロキス釣り名人の間では、尺ギス(33センチくらい)が大物ということらしいのですが、22センチでも十二分に満足でした。まだまだ釣れそうでしたが、仕事なので泣く泣く終了。

 家に帰って子どもにみせたら、子どもたちも大喜びでした。

 自然相手の釣りって、素人の安易な予想を楽々裏切りますね。次回も青イソメ、試してみようと思います。

 では。

|

« 早起きしたのに・・・ | トップページ | 力糸をPEに »

シロギス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに20センチ超 同じシロギス??:

« 早起きしたのに・・・ | トップページ | 力糸をPEに »