« 潮が良くても | トップページ | 潮回りがいいはず »

2006年7月17日 (月)

自己最大のシロギスゲット

P1000115  日曜お昼過ぎにはキャンプから戻ってきたので、娘と夕方シロギス釣りに。午後3時半からの釣り。ちょうど干潮時なので、釣れないだろうなと思っていたら、ひんぱんにアタリが。

 でも、針にかかっても、テトラの先の敷石がむき出しになっていて、うまく取り込めません。はね上げると、針がはずれてしまうし、ゆっくりだと石に絡まってしまうし・・・。ここは干潮時は釣りにくいですね。いつもにない強い引きの魚もいて、何だろう??でも、取り込めない、という感じでした。

 1時間もすると、敷石が隠れて釣れるように。いつもにない強いブルブルの魚は、18センチのキスでした。尺キスに比べたら小さいですが、自己ベストです。別物のような大きさですね。

 ほかに小キス2匹、ハゼ2匹、ヒイラギが釣れました。20センチを超えるキスの引きってきっとすごいんでしょうね。一度釣ったら、13センチ前後の天ぷらサイズでは満足できなくなりそうです。

|

« 潮が良くても | トップページ | 潮回りがいいはず »

シロギス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己最大のシロギスゲット:

« 潮が良くても | トップページ | 潮回りがいいはず »