2017年12月31日 (日)

釣り納め(その2)

20171230_174610_resized_2
 (続き)切り身餌が回転しないように針を中心に丁寧にぬい刺しして、釣り開始。ゆっくりしゃくり上げてリールを一巻きしたり、ちょっと速めにしゃくって半回転させたり。この日のタチウオの棚とご機嫌をうかがいます。

 ほどなくして竿がぐぐぐっとしなり、指4本超の幅のそこそこサイズをゲット。今日はまあまあの活性があるみたい。探見丸の画面も真っ赤。何かベイトがいるということなのでしょうか。
 
 速いテンポの左隣の人も、ゆっくりしゃくるみよし1番の人にもポツリポツリとヒットがあります。アタリがあるのはいつも同じ水深で、その前後10メートルをしつこく探っていると、ちょっとずつタチウオがたまっていきました。

 かけそこなったときはシェイクが有効なようで、シェイクしてゆっくり聞きあげると見事にヒット。狙いが決まるとなかなかの爽快感。餌が二つついているので、一度失敗してももう一度チャンスがあり、駆け引きが楽しめました。

  終わってみれば、指4本級17本で20リットル満杯に。ハリス切れは数回ありましたが、小針の効果はあったと思います。トップは左みよし1番の人で34本。異次元の釣果。そのほかは手練れで20本前後ぐらいだったので、満足の釣果となりました。

 浦安に戻り、タチウオ釣りを再開して2年。ようやく、自分の形が見えてきたような気がしました。

 年末の我が家は、刺身、炙り、昆布締め、梅しそ巻き、蒲焼のタチウオづくし。脂がのって美味でしたが、ちょっと釣りすぎたかも。いい釣り納めとなりました。

 今年もそろそろ終りです。来年もいい釣りをしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釣り納め(その1)

20171229_125039_resized
 金曜日に釣り納めに行ってきました。お世話になったのはいつもの浦安・吉野屋さん。最近好調のタチウオにしました。

 この日は大混雑で3隻出しに。早くから席札を取っていたので、釣友と1隻目の左みよし2、3番に陣取り、20人ほどで出船となりました。

 船は1時間20分ほど走って観音崎沖へ。水深65メートルくらい。このところ水深150メートルの久里浜沖がいい感じだったのですが、この人数だとおまつり頻発との判断したのでしょう。観音崎沖の方が型がいいので、僕としては大歓迎です。

 ポイントに着くとほかの釣り船は数隻。水深が浅い方が釣になるジギング船ばかりでした。

 この日のタックルは、ライトゲームBBの8:2、H190と、プレイズ400、道糸は1.5号なので、錘は60号でスタート。仕掛けは、久里浜沖に行くと思って用意した2本針。下針から150センチのところで25センチの枝張りを出し、さらに80センチで天秤につなげました。仕掛けの長さは吉野屋のオリジナルに近い感じに。

 さらにこの日の工夫は、針を1/0と小さくしたこと。タチウオは最近、ジギングのように大きい針をつけて、小さなアタリを取ってかけるのが流行りですが、僕はどちらかというと、駆け引きしているうちに勝手にかかる、向こう合わせ的な釣りが好きなんです。

 なので、やりとりの最中に魚に違和感を与えない方がいい小針の方がいいかと。ちもとには透明のパイプを2センチほど。もちろん、針をのまれてのハリス切れもあると思いますが、その時はその時です。天秤も、流行りのライトなものではなく、チドリの伝統的なタチウオ天秤に。アームが弓形になっていて、タチウオが餌を引っ張ると、天秤が勝手に合わせを入れてくれる優れものです。

 1本針にライトな天秤といういまの流れに逆行するこの釣り方、果たして通用したかのかどうか(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

アジに癒やされる

20171211_092254_resized_3
土曜日はアジ釣りに行ってきました。お世話になったのはいつもの浦安・吉野屋さんです。釣友と左舷大どもに陣取りました。

 このところ、連日竿頭は束越え(100匹以上)。フグ、ジギングと最近は釣果に恵まれてないので、傷を癒やしてもらうと。

 で、午前7時に出船し、45分ほど走って今日の釣り場の川崎沖へ。ケーソンの際に船を停めて釣り開始。早速爆釣かと思いきや、1時間経っても音沙汰なし。悪い予感が頭をよぎります。しかも、北風のため左舷は西側となり日陰に。寒い、寒い。北風が多い冬は右舷があったかいよと常連さん。仲乗りさんに聞くと、既に場荒れしているところもあり、不調の時もあるとのこと。ま、まずい。

 この日のタックルはシマノのライトゲーム64で、クッションゴムはなし。仕掛けは1・5号の2メートル2本針です。

 しばらくして、船長さんは移動を決断。北側の羽田沖に戻り、何度か船を動かして慎重に位置を決めると、岸壁に手が届きそうな位置に。立ち入り禁止でなければ陸からサビキで釣れるぐらいの場所で始めると、爆釣ショーが待ってました。

 釣れるは、釣れるは。ビシを底から1メートル上げてコマセを撒き、50センチ、50センチとコマセを撒きながら待つと、すぐに魚信が。アジによく行く釣友はスムーズな手返しとダブルで数を伸ばしていきます。

 私はもたもたしながら1匹ずつ。でもどんどん樽にアジがたまっていきました。途中でコツをつかみ、微妙な棚調整ができるように。同じ場所でもアジの棚は常に変化していて、この日は2メートルから4メートルの間で動いていました。

 上針にかかっているようなら、仕掛けを上げて下針にかけるようにするとダブルも頻発するようになり、最後は型が小さいと釣りを中断。それでも20センチ超が75匹も釣れました。

 13リットルのクーラーは満タン。小型のクーラーですが、東京湾で一杯になることはめったにありません。船上で頭を落としましたが、帰ってからさばくのが辛いほど。しばらくアジは行きたくなくなるほどの大満足の釣果となりました。

 翌日、アジはつみれ鍋とアジフライに。つみれはちょっと塩を入れ過ぎてしまいましたが、美味しくいただきました。

貧果の傷も癒え、今年の最後はフグ釣りの予定です。外房まで行って、いい締めくくりにしたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

2度目の青物ジギング

20171125_053817
 今週末は2度目のジギングに行ってきました。レンタルタックルで臨んだ前回の経験から、良さそうなジギングロッドとリールを購入。ジグも結構買って、準備も万全。同じくタックルを新調した釣友と2人で行ってきました。

 お世話になったのは飯岡の幸丸。単身赴任をする前に、一つテンヤやヒラメで通っていた大手の船宿さんです。前日の釣果を見ると、ショゴ(カンパチの幼魚)が8~24匹。期待が高まります。

 午後11時に釣友にピックアップしてもらい、下道で2時間ほどで幸丸に到着。左右の大艫だけ埋まっていたので、左右のみよし(前側)をゲット。朝のうちは強風予報だったので、揺れが大きいみよしはちょっと心配だったのですが、強気で押すことに。これが裏目となりました。

 午前4時過ぎに船に乗り込むと、午前4時45分には出船。明るくなるのを待ちながら、船はゆっくりとポイントへ。明けつつある夜空を眺めながら、午前5時45分ごろに釣り開始となりました。

 みよし1番はどこなのか。それがもう一つ分からないので、釣友と1段高くなった船首に立って釣り開始。風強く、立っているのもやっとな感じ。焦ります。時合いはすぐにやってきて、小さなショゴが次々と船内に。

 僕の竿もぐぐっと曲がりこみ、さっそく1匹ゲット。40センチほどで、口ではなくえらの近くにスレがかりしてました。さらに追加しようと竿を見ると、トップガイドに糸が通っていないことに気が付きました。強風なので、溶接リングを外して、ガイドに通しなおすのも一苦労。ようやく再投入するまで5分はロスしたでしょうか。

 で、ふらふらしながら再投入すると、ほどなくして竿がぐぐっと曲がりこみます。リールのハンドルだけでは巻けない重量感。ポンピングして何とか取り込もうとすると、リーダーから先が巻き取れません。??? 仕方がないので、リーダを手でたぐって2匹目ゲット。今度は40センチを少し超えるぐらい。

 いい仕事をしてくれたルアーをみると、なんとCBマサムネを逆さにつけていました。さらに竿先をみると、トップガイドの〇ではなく、その脇の△に道糸を通してしまっているではありませんか。そこにリーダーとの結節部分がひっかかってしまっていました。

 リーダーを結びなおしたくないので、何とか外そうと悪戦苦闘しているうちに、さらに10分ロス。ようやく投入に持ち込むと、すでに時合いは終わっていました・・・

 ショゴが釣れていたのはたぶん40分ぐらい。隣の人はトラブルなく7~8匹釣っていたと思います。

 で、午前6時30分から納竿の午前11時まで、船中ほぼ沈黙。

 時合いがこんなに短時間で、しかも最初だけなんて・・・タックルをそろえて意気揚々と臨んだジギングですが、またも大きな壁にはね返されてしまいました。

 日が昇ってくると、海はなぎになり、ジギングの練習にはなりました。僕のジグは、まだまだうまく泳いでない感じ。しゃくり(ジャーク)もなかなか滑らかになりません。あとで釣友に聞いたら、しゃくり幅が小さすぎるのでは、とのことでした。

 下船後、サービスで配られたおしぼりで顔をふきながら、船長さんに貧果の理由を聞いてみたら、しゃくりを時々止めたほうがいいことや、アタリ棚を何往復もしつこく探った方がいいとのことでした。で、さらに「何で釣りにくい船首に立ってたの?」との逆質問が。??? どうやらみよし1番でも、そうしたくなければ船首に立つ必要はないそうです。

 早朝の時合いのとき、船はかなり揺れていたので、私のジグは安定していなかったはず。今一つ釣れなかった理由が分かりました。この日のトップは10匹。トラブルがなく、船首にも立たなければ、あと1~2匹は釣れたかも・・・。

 2匹のショゴは、お昼のカレーをごちそうになっている間に3枚おろしのパック詰めにしてもらいました(1匹300円)。幸丸のこのサービスは帰ってから楽なので大のお気に入り。ほかの船宿さんでも導入したらいいのに。ショゴの刺身は、釣ったその日より、翌日の方が美味でした。
 
 次への課題が見つかった2度目のジギング。ヒラマサへの道のりは遠そうですが、まずは東京湾で傷心をいやしてから、年明けにでもまた行ってみようと思います。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

ジギングタックルをメンテ

1510574810909.jpg
 この前、初めて挑戦した外房ジギング。レンタルタックルだったので、自分のタックルを揃えたくなり、まずはリールを購入してみました。

 ヒラマサ狙いのリールといえば、シマノ、ダイワ製なら5万円近く。でも、ジギング専門ではなく、たまにしか行かないのでそんなに出せません。

 釣友から米国PENN社のバトル2が安くていいと聞き、早速ゲット。重いけど 、ドラグ性能は悪くないとのこと。1万円ちょっととリーズナブルなので、6000番を買ってみることにしました。

 で、届いたリールを巻いてみると、やっぱり巻心地はワイルドな感じ。理由が知りたくて分解してみました。

 まず、本体に2つのねじで固定されているリールの軸を外さないと、ほかの歯車も外せないことが分かりにくいですが、構造自体はいたってシンプル。歯車の目もそんなに詰まっていないので、シルキーな巻心地にならないのは納得。

 ベットリとついたグリスをパーツクリーナーで落として、薄くグリス塗り直して再び組み立て。ちょっとだけ巻心地はスムーズになりました。

 でも、ほとんどが金属製のこのリール、頑丈さだけは期待できそうです。ちょっと重いけど、このリールでヒラマサを目指したいと思います。


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

湾フグも格差社会

1509796801820.jpg
 3連休は東京湾の湾フグに行ってきました。お世話になったのはいつもの吉野屋さんです。

 浦安市民の地の利を生かして、午前零時に席札ゲット。右みよし。エビ餌の湾フグは初めてですが、外房フグなら何度も行ってるし、この席なら5匹は釣れるはず。

 このところトップ15匹ほどの釣果をみて、そんな皮算用をしてみたのですが、技巧派を夢中にさせる湾フグはそんなに甘くはないのでした。

 この日は満船で2席出し。ヒガンフグ狙いなので1時間ほど走って横浜沖へ。親針はアタリが取りやすいというチラシ針、カットウも刺さりのよい自作もの。竿も浅草釣具オリジナルの湾フグ竿だし、死角はないはず。

 開始から1時間。早々に1匹をゲットして、好調な滑り出し。親針のチラシ針にかかってました。

 でもそれから沖上がりまでの5時間、1匹も釣れず。船下ではアタリなく、投げるとエサは取られるもののアタリはさっぱり分からず。

 試行錯誤で、仕掛けをオーソドックスなものに戻し、終了間際に大きなフグをかけるも、巻き上げの途中でバレてしまってゲームセット。

 投げればエビが無くなっているので、フグはいるはずなんです。でも、アタリがない状況での5時間の竿の細かい上下は、苦行に近いものがありました。腕の差がはっきりと出るのはマルイカに近いものがありますね。

 下手なので釣れないのは仕方がないとしても、魚とのやり取りを楽しみたい。そんな私には向いてないかも。

 船宿に帰って他の人の桶を見たら、半数以上が1-2匹。貧果の私の桶をみて、常連さんが大きなアカメふぐを2匹もくれました。ありがとうございました!

 で、すっかり気持ちも明るくなって、いつもの松の湯へ。漁師町の熱過ぎる湯船に使ってさっぱり。

 フグは帰ってから捌かなくていいので、本当に楽。湾フグ、もうちょっと釣れたら通ってしまいそうですが、この感じなら、老後の楽しみにとっておこうと思った次第です。

 長文になりました。それでは。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

満船のタチウオ釣り

1507588764167.jpg
 この3連休は釣友と3人でタチウオ釣りに行ってきました。お世話になったのはいつもの浦安・吉野屋さんです。

 地の利を生かして、午前零時に席札を取りに行くと、なんと10人もの人が。こんなことは初めて。土曜日は荒天でどの釣りものも休船だったので、日曜日に集中したみたい。でも、カワハギファンが多かったようで、左舷ミヨシを確保することができました。

 翌朝、大混雑を予想して1時間前に船宿に着くと、店からあふれんばかりの人、人、人。こんなことは初めてです。で、船は午前7時10分ごろ出船となりました。

 この日の釣り場は観音崎沖。水深70メートルほど。大船団ができていましたが、吉野屋はいつもの通り、少し離れてのプカプカ作戦。これが当たって、最初はなかなかのいいペース。でもすぐに間が空き、また移動、の繰り返しで1日が過ぎました。

 この日のタチウオはなかなかサイズよく、指4本が中心。最初のころは1しゃくり半巻きがいい感じで、半ばを過ぎると1しゃくり1巻き、最後は1しゃくり2巻きが私の今日のパターンでした。

 誘い方がはまると、集中してアタリが続くように。何度か使って、電動リールのプレイズ400も、ライトゲームBBの8:2も、ようやく手になじんできた感じです。気持ちいい秋の1日、タチウオ釣りを堪能できました。

 で、みよし1番の友人は、途中で大阪で主流のタチウオテンヤにチャレンジ。ポツリポツリでしたが、しっかりと釣っていました。

 釣り雑誌によると、大きいのばかりが釣れるはずなのですが、この日は小さめが多かったかも。大きなテンヤにアタックしてくるネクタイサイズの逞しさには驚きましたが・・・

 最後にちょっとした盛り上がりがあって、結局釣果は17本。13リットルクーラー満杯の、満足のいく釣果となりました。

 明日はタチウオ尽くし。でも、家族はちょっとタチウオに飽きてきたみたい。次はフグか、イサキかな。いずれにしても、いい1日となりました。

追伸:タチウオは、鯛めしの要領でタチウオめしに。釣友に教わったレシピで、大量の頭を焼いて出汁を取って米を炊き、焼いた身と合わせたら、結構美味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

初の外房ジギング

1506300517808.jpg
 先週末は釣友に誘われて、初の外房ジギングに行ってきました。お世話になったのは館山の松栄丸。狙うはヒラマサです。

 集合は午前5時。浦安から下道で3時間弱。さすがになかなかの遠さです。先週末にヒラマサが釣れたという船宿のブログに誘われて、20人ほどのルアーマンが集合。程なく出船となりました。

 ジャークについては事前に予習をしてきたものの、この日が初めて。果たして私のジグが魚に見えるかどうか…

 釣り場は近く、30分も経たないうちに釣り開始。今日の釣座は左舷みよし3番。外房の鉄板ジグらしいマサムネの115グラムをキャストし、ジャーク、またジャーク。水深は15メートルと浅く、底取りは簡単でした。

 午前7時ごろでしょうか。時合は突然やってきました。まず右舷で70センチぐらいのヒラマサが上がり、その後、バタバタとアタリが。どうやらカンパチの幼魚のショゴのよう。ヒラマサ釣った人がシルバーのジグを使っていたので、私もシルバーにすると、竿先がズドン!

 レンタルタックルの太い竿が曲がり、時にはドラグも出て、どんな魚かと思ったら40センチのショゴでした。人生初カンパチです。

 その後もポツポツとヒラマサが上がり、僕も! と釣れた人のシャクリを真似するも、スムーズに、とは行かず、時合は1時間ほどで終了。あとは11時30半過ぎの納竿まで、船中音沙汰なしでした。

 厳しい日に当たったな、と思って船宿さんの釣果報告見たら、この日はまあまあだったとのこと。ヒラマサは船中7匹、ショゴは18匹だったそうです。とは言っても、左舷ミヨシの人が1人で3匹もヒラマサをゲットしていたので、初心者がヒラマサを手にするのはなかなか難しそう。でも青物3種制覇という新たな目標ができました。

 ショゴは持ち帰って刺身に。ワラサと違ってあっさりしていて、なかなかの美味。今度はタックルも揃えて、また行ってみようと思います。

 長文になりました。それでは!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

サヨリがいい感じ

1505781852682.jpg

 久しぶりの更新です。3連休は南房までヒラマサ狙いのジギングに行く予定だったのですが、台風で延期に。

 ならばと地元で夕方、サヨリ釣りをしてきました。場所はいつものクリーンセンター裏。エサはジャリメ、あみコマセはチューブ式。

 サヨリ仕掛けは、浦安駅近くの福弘釣具店でオリジナルのものを買って(円筒形の発泡スチロールにコマセを入れるプラスチックがついたもの、1300円)、いざ釣り開始。

 ゆっくりとリールを巻いてくるとすぐに当たりがあり、20センチほどのサヨリをゲット。あっさり釣れました。

 その後もポツポツと当たりがあって、2時間で10匹ほど。1日やれば50匹は釣れそうな感じでした。

 釣り具屋さんで聞いたコツは、2号の撚り糸を150センチと長くとり、その先に150センチのハリス(1号以下)にキス針がいいとのこと。まだサヨリが小さいので、今はキス針より小さいサヨリ針3号ぐらいの方が針がかりがいい感じでした。

 いずれにしてもこの釣れっぷり。サヨリもだんだん大きくなると思うので、今年はなかなか楽しめそうです。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

強風のシロギス その2

Tmp_1499920034757
 結局、船は袖ケ浦沖の岸壁沿いを流すことに。この日は強い北風で、岸側に向くのは左舷のみ。右舷だと沖にしか投げれません。

 終盤になって、天秤仕掛けから胴つき仕掛けに代えると、強風でもアタリが取りやすくなって、連釣できるようになりました。でも、気が付くのが遅かった。

 午後2時40分、結局24匹でタイムアップ。右舷では結構釣った方だと思っていましたが、この日の竿頭は88匹とのこと。・・・シロギス釣り、奥深し。

 この日の反省点は、風対策での仕掛け変更の遅れと、餌のたらしが長すぎたことでしょうか。ついついアタリを出したくて、6センチぐらいにしたら針がかりが悪くなってしまいました。久しぶりの青イソだったので、小さな針への餌付けにも手間取る始末。

 シロギス釣りを楽しむなら風が弱いときですね。しかも、袖ケ浦のコンビナート沿いより、もう少し沖目で気持ちよく釣りたいなあ、と思ったりしました。

 シロギスは相変わらずテクニカル。今度は準備を万全にして、また行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«強風のシロギス その1