2018年11月17日 (土)

今年のサヨリはかなりいい感じ

Img_20181117_1625501382x1843 久しぶりの更新です。今週末は地元浦安で釣友とサヨリ釣りをしてきました。上州屋浦安店さんのウェブサイトを見ていたら、今年はどうやらいい年とのこと。1回ぐらいは行ってみようかと。

 で、まずは地元の福弘釣具店に行ってジャリメとアミコマセを購入し、今年の釣況を教えてもらいました。やっぱり、いいみたい。

 夕方からなので、朝から人がたくさんいてコマセが効いている釣り場がいいと判断。今回は総合公園を選んでみました。

 午後3時前に釣り場に着くと、すでに釣竿がずらり。狙い通り。しかも、釣れているからこそでしょう。

 で、いそいそと準備して釣り開始。5メートル超の磯竿3号とPE0.8号を巻いたリール。さらに仕掛けは福弘釣具店特製のもので、アミコマセを入れるプラスチックケースの上に、発泡スチロール+赤い羽根が付いています。

 投げれば75メートルぐらいは楽々飛ぶこの仕掛けで、沖の「でかサヨリ」を狙い撃ちする作戦です。

 ハリスは二本撚りにした2号を1.5メートルの先に、1.5メートルの0.8号ホンテロンの長仕掛け。針は小さなキス針。餌はジャリメにしてみました。

 ようやく釣り開始。仕掛けの重みを感じながら磯竿を振れば、アミコマセの詰まったプラかごが遥か彼方へ飛んでいきます。気持ちいい。

 常にハリスが張るように、そこそこのペースで巻いてくると、すぐにグググのアタリが! 25センチほどのサヨリをゲット。やっぱり、今年はいいみたい。

 でも、この日は東風強く、南に向いているので仕掛けは大きく右側に飛んていきます。隣のテリトリーに行ってしまうと、すぐに巻き取らねばならず、やりにくい。
Img_20181117_192748921x665同型をポツポツあげながら、なるべく左寄りに投げて頑張っていると、この日一番のガツンというアタリが。後検で37センチのサヨリでした。40センチには届きませんでしたが、サンマサイズといってもいいかも。それにしてもでかい。

 日が沈んでも東風は強まるばかりで、釣り人は一人、また一人と帰っていきます。さらに、午後5時近くなるとかなり暗くなり、すぐに仕掛けも見えないほどに。

 結局、22−37センチ8匹で納竿することにしました。2時間余りの釣果としては十分です。
Img_20181117_1845391152x864
 サヨリはその日のうちに刺身に。これが、うまかった。癖がなくほんとに上品。家の近くでこんな魚が釣れるとは、さすが浦安。楽しい週末となりました。

 この感じだと、サヨリは今しばらくは釣れそうです。こんなに型がいい年は記憶にないので、あと1回ぐらいは行ってみようと思います。 

 長文になりました。それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

陸っぱり、乗り合い船より混んでるよ

Img_20181008_104038久しぶりの更新です。涼しくなり、秋の釣りシーズンも本格化。何か新しい釣りがしたくなり、3連休は、陸っぱりをこよなく愛する釣友に外房の堤防に連れて行ってもらいました。

 訪れたのは鴨川の小湊港。釣友によると、「満員電車より混んでる」こともある激戦区の堤防とのこと。朝まづめにアジを釣って、泳がせでヒラメを狙うという夢のあるプランです。

 午後8時過ぎにピックアップしてもらい、鴨川へ。途中、大原の釣り侍で溶かしてもらっていたアミコマセを購入し、お店のパレットで秘伝の集魚剤をまぜて下準備。通い慣れていないと、こうはいきません。

 で、日付が変わる頃に堤防につくと、すでに結構な人出が。朝まづめに向けた釣り開始の4時間前。人気の乗り合い船も真っ青の混雑ぶりでしたが、何とか2番人気の堤防の先端近くに場所取りできました。

 車で仮眠をとって、午前4時前から釣り開始。初めて使う電気ウキ。その下にサビキ仕掛けを付けます。

 30メートルほど投げると、緑色のライトが海面を揺れて、みているだけで癒されます。しばらくすると、私のライトがふっと海中に。錘は10号と軽いので、アジの引きを楽しみながら巻いてくると、25センチほどのいいサイズのアジが! 

 あわててしまって取り込みがうまくいかず、アジはぽとりと海中へ落ちてしまいましたが、ここからアジのラッシュが始まりました。

 手際よく次々と釣り上げる釣友を横目でみながら、焦る私。もたもたしてたら30分で時合いは終了。「スイッチが切れたように」(釣友)、アジは釣れなくなり、私は1匹釣り上げるのがやっとでした。

 明るくなってからは泳がせ釣りに。私も青イソでベラやハゼといった生き餌を釣りながら、泳がせていきます。泳がせの竿にもたまにグググとアタリがあるので飽きません。

 でも、ハリスをスパッと切られるばかり。どうやらウツボのようです。隣の石鯛釣りの人が2匹ほどあげてました。

 夕まづめにまたアジが釣れるとのことなので、鴨川の中心部でお昼とコマセを追加して、もうひと盛り上がりを待ちます。明るいうちに、何度か電気ウキを投げ込み取り込んでみて、手順を確認。今度こそ、時合いを逃さないようにしなければ。
Img_20181008_104555
 日没は午後5時30分ぐらい。時合いは午後4時過ぎに突然、やってきました。釣れる範囲は狭いのですが、そこに投げ込めばほぼ入れ食い。夕方も25センチが中心で、いいサイズ。時合いは1時間ぐらい続いたでしょうか。隣の延べ竿のサビキ仕掛けに、45センチぐらいのヒラメが食ってくるドラマもあり、大盛り上がり。私も10匹超をゲットできました。

 夕まづめも1時間ほどでスイッチが切れるように釣れなくなり、終了。堤防到着から18時間。長い1日でしたが、電気ウキがふっと海中に沈み込むあの瞬間は癖になりそう。かなり楽しめました。寒くなればカマスも釣れるそうなので、また行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月26日 (日)

わらしべ長者を目指して

1535282849716.jpg
 沖釣りを始めて10年。まだ釣ったことがない大物ではマゴチが残っています。

 今の時期は生き餌のハゼでマゴチを釣るのですが、できることならマイハゼで勝負したい。なので、今週末は近所でハゼを追っかけてみました。

 まずはオーソドックスなのべ竿で。脈釣りでやってみると、ポツリポツリとアタリはあるものの、余計な食いはなし。数匹釣るのがやっとなので、マイハゼ確保には厳しい感じ。

 続いて人気のハゼクランク。ルアーでのハゼ釣りです。何時ダイワのハゼクランクJr.の赤金を買ってきてやってみました。

 投げてゆっくり巻くと、クランクが1メートルほど沈んでゆらゆらと動きます。

 27ミリ1.6グラムなのであまり飛ばず。沈みももう一息。35ミリの方が良かったかも。でも手軽でなかなかの面白さ。

 今度は江戸川放水路でやってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月28日 (土)

シロギス釣りで傷心いやす

Img_20180727_134742_1
 ジギングでヒラマサを狙うようになって釣果がぱっとしなくなった昨今。この前、鹿島まで行ってオデコだった傷心をいやすため、先日、シロギス釣りに行ってきました。お世話になったのは、地元の吉野屋さんです。

 シロギスはよく「初心者の釣りもの」と言われますが、たくさん釣ろうと思うと、タックルの性能と釣りの腕がものをいう世界。でも、竿頭が100匹なら30匹は釣れるだろうと皮算用してみました。

 この日は釣友と2人。釣友はなんとハーレーに乗ってやってきました。すごい。クーラーボックス載せられる荷台付き。

 おまけに吉野屋さんはリフォームされていて、ピカピカに。トイレもきれいになってました。外に竿を洗える流しまであります。ますます至れりつくせりな感じになってました。

 で、この日は、右舷大どもに。釣り客16人ほど。相変わらずの繁盛ぶりです。

 タックルは、アルファタックルのキス専用竿海人に、スピニングリールのバイオマスターc3000。糸はPE1号を巻いてあります。

 まずは木更津沖から。北風の下げ潮だったので潮先。最初は天秤仕掛けでやってみることに。30メートルほど投げて誘うと、ほぼ入れ食い。16センチ〜18センチぐらいのシロギスが中心ですが、樽に次々とシロギスがたまっていきます。

 午前10時30分ごろの潮止まりに近づくにつれ、さすがに食いが落ちてきて、アタリはあるのですが、なかなか針にかかりません。上げ潮にかわって潮ケツになってしまったこともあり、ポツポツの感じに。
Img_20180728_084025

 ここで胴付き仕掛けに変更し、幅広く投げてじっくりとアタリを待つことにしました。胴付きはアタリがダイレクトなのでおもしろい。アオイソメ1匹をちょんがけすると、なかなか針にはかかりませんが、そこそこのアタリがあります。吉野屋さんのお弁当食べたりして、ちょっとづつ拾い釣りをしながら、活性が高まるのを待ちました。

 正午前でしょうか。船長さんは富津沖への移動を決断。ここでもポツポツのアタリでしたが、ちょっと型がよくなって、20センチ超が混じるように。納竿前にはまた入れ食いに近い感じになりました。

 アタリの多い日にいろいろやっていて気がついたのですが、シロギスの前アタリを感じ取るのはやっぱり難しい。

 なんとなくの感じで細かく仕掛けを動かすと、餌を食べていたシロギスが引っかかる。その繰り返しを続けると、釣果が伸びました。前アタリにこだわらず、少し仕掛けを止めて食べる間を作った後に、本アタリを出してかけていく感じがいいのかも。そのうち前アタリが分かるようになるのかもしれません。

 最終的な釣果は75匹。束釣り(100匹)とはいきませんでしたが、なんと竿頭に。達人が乗っていなかったからだと思いますが、大満足の釣果となりました。

 ジギングの傷はすっかりと癒えたかも。また、いろいろとチャレンジしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

2018年、今年の浦安のシロギスは?

Img_20180716_163833
 3連休の最終日。久しぶりに地元・浦安でシロギスの投げ釣りをしてきました。例年ならシーズン盛期のはず。1匹でも釣れるといいのですが・・・

 この日は午後1時30分ごろが干潮だったので、上げ潮狙いで午後2時ごろに現場着。・・・閑散としています。

 海は若干チョコレート色で、南風。75メートルから100メートルぐらいまで投げて、仕掛けをゆっくりとさびきます。

 時々アタリがあったり、餌が無くなっていたりはするのですが、うまく針がかりしません。シロギスっぽくなく、なんだろうと思っていたら、10センチぐらいの小さなセイゴが1匹だけかかりました。

 午後4時過ぎまでやってみて、納竿。ゴールデンタイムの早朝に釣っていないのでなんともいえませんが、今年もあまり期待できないかも。

 浦安のシロギス、どこへ行ってしまったのでしょうか・・・まあ、すぐ近くなので、また調査してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

Pennリールをメンテ

Img_20180709_083944
 買ったばかりのPenn バトルⅡ。質実剛健のアメリカ製だけあって、巻き心地より耐久性重視のグリスアップがなされています。

 で、巻き心地の改善を目指して、メンテナンスしてみました。予想通り、青色のグリスがべっとり。

 部品点数が少ないので、分解は簡単です。注意点は、まず、カバーを外したあとに、リールの軸と歯車を固定するねじを外して軸を抜き取っておかないと、ほかの歯車を外せないことです。

 青色のグリスは、ベアリングまでべっとり。巻き心地が重いのも納得。これをパーツクリーナーできれいにして、シマノの専用オイルと専用グリスを薄く塗り直し。

 シマノやダイワの高級リールのようにはスムーズになりませんが、十分、いい感じになりました。

 貧果のジギングには懲りたので、使用はちょっと先になりそうですが、これでしまっておきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

3度目なのに・・・

20180707_113459_resized_2 今週末はヒラマサを狙ってジギングに行ってきました。お世話になったのは鹿嶋港の不動丸さんです。

 鹿嶋といえば、ヤリイカ2→フグ1と、私にとってあまり相性の良い港ではありません。でも、ヒラマサの釣果報告があるのは鹿嶋だけだったので、決行。鹿嶋との和解の釣行にしようと思っていたのですが・・・

 この日はお客さん少なく、釣友と左舷みよしに陣取りました。道具を用意していると、船頭さんが「水温下がっちゃってさ。今日は厳しいよ。たぶん」と率直なお言葉。ええ~~。まだ出船前なんですが。

 船は午前5時に出発。まずは浅場の沈船周りから。トップがいいというので、買ってきたトップを投げるも、音さたなし。右舷みよしの常連っぽい若者も状況は同じのようです。

 1時間ほど経ったでしょうか。船長が沈船周りから移動しようとする直前、右舷大どもの人が3キロ弱ぐらいのヒラマサを釣りました。アナウンスによるとジギングとのこと。

 なので、ジグに変えてジャークを繰り返すも・・・やっぱり音さたなし。

 スロージギングっぽいことをしても、外道すらかかりません。周囲も状況は同じで、停滞感が漂います。

 「まいったな~前はここで出たんだけどな~~」とスピーカーで船頭さん。「ぜんぜん反応ありません」「北でも南でも釣れてたら行くんだけど、ほかの船も同じみたいです」と正直に状況を伝えてくれます。

 「どこいっても釣れていないんで、上がります。お土産もらっていってください」のアナウンスと共に、午前11時過ぎに釣り終了。たぶん、船中1本。

 ジギングって、やっぱり厳しいですね。ヒラマサを目標に館山、飯岡、鹿嶋と回ってきましたが、私は中型でいいので何かしらの釣果がある釣りもの方が好みかも。自問自答しながらしゃくり続ける1日となりました。

 帰り道で不動丸の釣果欄を見ると、釣った人が腕を突き出し3キロ弱のヒラマサが10キロにも見える写真が1枚だけ。釣果報告の文字はなし。まあ、察してくれということでしょうか。でも、写真はやりすぎでは・・・

 一か月ぶりの釣行は、ちょっと悔いが残るものとなってしまいました。近々、シロギスでも行って、傷心を癒やしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

またもPennリール

20180702_182400_resized
 3回目の青物ジギング釣行が近づいてきました。

 前回、竿とリールをそろえたものの、リールに選んだPennBattle2の6000番はかなりの重量級。1日シャクリ続けるのがちょっと大変だったので、同じリールの4000番を買ってみました。

 既にパワーハンドルに替えてあるものをヤフオクで落札。ほとんど使ったことがないライトジギングロッドにセットすると、なかなかにいい感じです。

 これなら、1日中しゃくり続けられそう。ライトなのでちょっと細めのPe2号を巻いてみました。

 狙いのヒラマサは、トップウォーターでの釣りになっているとのこと。

 タックルベリーで中古のヒラマサ用ルアーも追加して、準備は万端。なんとか1匹ゲットしてきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

大洗のフグ、仕掛け考

Img_20180603_201147_414 4回目の大洗のフグ。前の2回は二桁釣果だったのに、直近の2回は一桁。原因をあれこれ考えてみました。

 両みよしに陣取っていた常連さんの仕掛けは2人とも、針は固定式でした。私も過去2回は固定式を使っていました。でも、ゼロテンションなら誘導の方がアタリが出やすいのではないかと思って仕掛けを自作。ナツメ錘を使い、ハリスに3センチぐらい遊びがある誘導式に。家で仕掛けをいじくってみて、これが裏目だったような気がします。

 フグはホバリングして餌を食べるので、最初は餌を引っ張るような食べ方はしないような気がします。固定式の針は斜めについていて、錘がつくかつかないかの感じだと、てこの働きもあって針の動きがダイレクトに錘に伝わります。一方、誘導式は針の向きに遊びがあるので、ある程度針が動かないと、アタリも出ない感じです。

 アオヤギを刺す針は、あくまでもアタリを出すのが目的なので、誘導にするとデメリットの方が大きい気がしました。フグは同じ餌を何度でも追うほど食い意地がはっているので、針の固定/誘導でそんなに変化がないのでは??

 まあ、すべて推論なので、次はチラシ針+エビと、固定針+アオヤギでやってみようと思います。

 釣ったフグは、いつものようにフグの唐揚げに。ピチットシートを使って水分を抜いた刺身も作ってみましたが、やっぱり我が家では唐揚げの方が売れ行き好調でした。

 それでは。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大洗のショウサイフグ

20180602_123514_2
 久しぶりの更新です。土曜日は茨木・大洗までショウサイフグ釣りに行ってきました。お世話になったのは弘清丸さんです。
 ゴールデンウィークにも行ったのですが、その時は6匹+1.5キロほどのタコ1匹の微妙な釣果。今回は二桁が目標です。

 いい席札を取りたいと、釣友と計3人で金曜夜に出発。弘清丸さんは前日から、木製の席札を取れるシステム。高速に乗って、午後9時台に到着すると・・・なんと四隅はすでに取られていました。

 悩みに悩んで、左舷みよし2番~4番をゲット。弘清丸さんは、みよし2~3番は床が低く、座席に立たないと釣りがしにくいのですが、釣果優先で胴の間よりみよしを選ぶことにしました。

 40代も半ばを過ぎて、最近はしっかり寝ておかないと眠くて釣りになりません。なので、水戸の御老公の湯に向かい、お風呂&仮眠。いびきがものすごい人がいて、あんまり寝られませんでしたが、それでもうつらうちらと体力を蓄えました。

 弘清丸は午前4時30分集合。釣り人が乗り込んだらすぐに出船。航程15分ほどで釣り開始となりました。

 この日も活性は低め。前回の反省から、PEを1.0号と細くして、錘は25号に。ゼロテンションでアタリを待ちますが、なかなかコツンがありません。やはり今日もダメなのか・・・

 次の手として、チラシ針+アルゼンチンエビに。幸運なことに、前日、水戸のスーパーで4割引きで売ってました。過去2回、エビの方が釣れているということはなかったのですが、この日はこれが大当たり。25センチ超のフグをいいペースで釣りあげることができました。午前9時ごろまでに8匹。目標は達成できるかも。

 でも、中盤でエビが尽き、再びアオヤギに戻すとひたすら沈黙に。船が新しいポイントに入っても、釣るのはミヨシ1番ばかり。こっちまで魚が回ってきません(涙)。

 ミヨシの人の釣り方は、ほぼベタ底で、ときどき仕掛けを小さくしゃくってゆっくり落とす感じ。餌はアオヤギ、仕掛けも船宿支給のごく普通のものですが、圧倒的な釣果でした。

 結局、最後の3時間はほぼ沈黙のまま。午後12時ごろに沖上りとなりました。
 エビの方が釣れることもある、そんな「エビデンス」(釣友の言葉)を得ることができましたが、目標の二桁には達せず、ちょっと悔しい釣行になってしまいました。

20180602_125350

 船宿によると、この日の釣果は1~25匹。フグは竿頭の3分の1ぐらいが相場なので、まあこんなものかも。フグは港できれいに捌かれ、氷のたっぷり入ったクーラーに。フグは25センチ前後が多く、お土産としては十分でした。

 それにしても、フグ釣りは難しい。小さなアタリをとれない僕は、アタリの取りやすいチラシ針の方がよさそうです。エビ餌をもっとたくさん持って行って、次回はチラシ針+エビで通してみたいと思います。

 それでは。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«釣り納め(その2)