2017年5月 5日 (金)

大原のでかフグ

Img_20170505_200931_967
 久しぶりの更新です。連休は外房の大原にフグ釣りに行ってきました。4月から禁漁中なんですが、連休のみ解禁という情報を、昨年来フグにはまった釣友がキャッチ。一緒に行ってきました。

 出船は午前4時30分。なんでこんなに早いのか・・・。少しでも睡眠時間を取りたいので、深夜零時に現着し、車でギリギリまで寝ることにしました。

 で、午前4時に船に乗り込むと、15分後には出船。大原の朝は早いですね。

 フグのカットウ釣りは、名古屋時代以来、2回目。昨年思わず買った浅草釣具のフグ竿がようやくのデビューです。

 すでにフグ4回目の釣友に釣り方を教えてもらうと、とにかく餌はたくさんつけたほうがいいとのこと。教わった通り、カワハギ用のザルを持参し、味の素をザブザブ。キモ、ベロとつける餌付けは、カワハギ釣りとそっくり。

 お世話になったのはフグ一筋の敷島丸。この日の釣り場は太東沖で水深20メートルぐらい。海上はベタなぎで、東京湾にいるかのような静かな海でした。

 事前の勉強では、フグのあたりは目感度でとるとのとでしたが、やっぱり難し~~。でも、手感度でとれる場合も結構あって、それをポツポツ拾い釣り。午前8時30分ごろまでになんとか8匹ほどゲット。どれも25センチ前後の大型なので、今日はこんなものかな、という感じに。

 最後の2時間は、スピニングリールでのキャスト釣りに変更して、4匹ほど上積み。船下を狙っている人はほとんど釣れていなかったので、ちょっといい気分に。午前11時に沖上がりとなりました。

 ほぼ10年ぶりのフグ釣り。目感度のあたりをとるには、まだまだ修行が必要なようです。それと、重要なのは根がかり対策。私はカットウを最も小さいスナップスイベルで接続し、ぐっと引っ張るとそこが外れる設定に。これはうまくいって、カットを変えるだけでいいので、根掛かりを恐れることなく、キャスト釣りをずんずんと進めることができました。

 浅草釣具のフグ竿(湾奥、外房の穂先付で8000円ぐらい)は、9:1ぐらいのごく先調子でなかなかにいい感じ。たまにのフグ釣りならこれで十分かも。ちなみにキャスト釣りには、浅草釣具のアナゴ竿(数千円)を使いました。これも8:2ぐらいの先調子でなかなかよいかも。

 帰ってから敷島丸のHPみると、7~31匹とのこと。竿頭は、おそらくエビ餌の東京湾方式でやっていた釣り人だと思います。私の釣果はその4割。やはり目感度がとれていないということですね。

 フグは船宿さんでさばいてくれるので、帰ってからがとっても楽。これはかなりの魅力です。釣り具もくさくならないし、キャスト釣りなら一つテンヤにも近い感じ。フグ釣りは禁漁になり、10月に解禁とのこと。シーズン入りしたら、サイズは小さいものの数釣れるそうなので、また行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

走水の高級アジ

Img_20170416_205818_604_1
  久しぶりの更新です。先月は鹿島までヤリイカ釣りにいって、まさかの2匹。今度はたくさん釣りたいなあ、と好釣が続く東京湾のアジにいってきました。

 浦安や横浜の船宿さんの釣果欄をみると、LTアジは連日の三桁。でも、サイズをみてみると15センチ〜25センチ。小さいアジをたくさん釣ってもなあ〜と、一度は行ってみたかった横須賀・走水の大アジにしてみました。

 お世話になったのは、走水の老舗松栄丸さんです。釣行日のGPV予報は風が10メートル以上。でも、船宿さんに電話をすると、「港近くだから問題なし」との返事。釣友との日程が合うのはこの日しかなく、「まあ、南西風で風裏なので何とかなるか」と強行したら・・・海は甘くありませんでした。

  南西風がびゅうびゅう吹いて、おまけに潮も速くて、アジはご機嫌斜め。僕のいた右舷はほとんどが数匹の大惨敗でした。ちなみに僕は38センチのそこそこのアジ1匹、25センチの中アジ3匹、やせ細ったマサバ1匹のみ。午前7時〜午後3時でこの釣果ですから、ひどいものです。

 Img_20170416_205948_179

  でも、こんなに釣れなくても、走水のアジは意外に楽しい釣りでした。港近くのアジがいそうなポイントにアンカーを降ろしてのかかり釣り。エンジンも切るので、静かなものです。

 重りは150号ビシに50号の増し重り。こんなにも重いのは、道糸を立てるように操船するエンジン流しではないからだと納得しました。この重さでも、道糸は斜めになっていきます。

  潮速く、ビシ重く、とても手持ちで釣る気にはなりません。たまにコマセ撒いて、じっと竿先を見つめる。そんな、のんびりした釣りでした。

 家に帰って、38センチのアジを刺身に、そのほかをなめろうに、マサバはしめ鯖に。アジは脂が乗っていてなかなかの味でした。竿、電動リール、ロッドキーパーまで貸してくれるので、後片付けも楽々でした。

 午後船もあるので、天気のいい日にまた行ってみようと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

久々のカワハギ釣りに

 先週末は久々のカワハギ釣りに行ってきました。お世話になったのは吉野屋さんです。

 家からバイクで5分の地の利を活かし、ミヨシ1番をゲット。しかも北風で下げ潮の潮先なので、そこそこ釣らないわけにはいきません。

 ところが! 技巧を競うカワハギ釣り、そんなに甘くはないのでした。

 宙ではアタリ少なく、底を這わせるとトラギスの餌食に。で、底を切るとアタリ少なくなり、我慢ができなくなって這わせるとまたもトラギスの繰り返し。

 結局、カワハギ9匹、トラギス10匹以上で沖上がりとなりました。トラギスはサイズが良いものを天ぷら用で持ち帰り。カワハギは15センチから18センチと型もいまいちでした。

 逆側ミヨシの常連さんは僕のほぼ倍のカワハギをゲット。釣り方を凝視したら、宙をじっくりリサーチして細かいアタリを拾ってかけていました。

 真似してみても僕にはアタリが分かりませんでしたが…

 4年ぶりにチャレンジした技巧系のカワハギ釣り、カワハギにしっかり翻弄されてしまいました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

2度目のイサキ釣りの成果は

1479127726908.jpg
 2度目のイサキ釣りに行ってきました。11月に解禁。禁漁前に行って一桁だったので、リベンジの機会を待ってたんです。

 お世話になったのは外房御宿の義丸。釣友が馴染みで、漁師出身の言葉は荒っぽいこともあるけど釣らせてくれる船長さんとのことでした。

 で、この日は午前3時過ぎに出発。睡眠は2時間ちょっと。5時に到着し、6時出船となりました。釣り客は10人ほど。右舷ミヨシ2番でした。

 カゼもそれほど強くなく、外房にしてはまあまあのコンディション。ところが…

 大きなうねりの中で釣るうちに、うえー。なんと船酔いになってしまいました。油っこいコンビニのコロッケパンを食べたのがまずかったのか、まったく収まりそうにありません。うえー、うえー。胃液を吐き出しながら、それでも釣りを続けました。

 この日のイサキは20センチ超が中心ですが食いはよく、桶にイサキが溜まっていきます。でも、苦しくて集中できない! 「睡眠もろくに取らず、私は何をしているのか」と自問自答し、時々横になりながら、最後まで釣り続けました。

 フラフラになりながら、午前11時に納竿。小さいのはリリースしたので正確には分かりませんが、25匹は釣りました。

 ……無言に近い状態で下船する私に、いかつい船長さんがボソリと一言。「あんた、あんな状態でも釣り続けるとは。根性あるね」。なんと50匹の定量釣ってもめったにほめない船長さんに認められるという予想外の展開に。気持ち悪いけどちょっと嬉しい複雑な気分のイサキ釣りとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

久々のワラサ その2

Gs2810ka この日のタックルは、むかーし浅草釣り具で買った2.9メートルのグラス竿に、電動丸PLAYS3000。針がかりさえすれば、おまつりを避けて全力で巻き上げる大雑把な釣りなので、まあなんとかなるはずです。仕掛けは6号ハリスと8号ハリスの6Mと8Mを用意しました。

 4年前と違って剣崎松輪港の売店は閉店していて、エサ屋さんにはイカ短なし。剣崎松輪の時の流れは早いみたい。港で目立つ大きな船には成銀丸の文字。大松丸よりでっかいの作ったんですね。確かにお店も混んでました。

  で、船は30分ほど走って大船団に合流して釣り開始。ワラサは朝が勝負なのでとにかく集中です。ほどなく、初めてのワラサ釣りの釣友にヒット! で、でかい。後検で70センチ弱、4キロ超のワラサでした。

  しばらくすると、ワラサ初心者だったもう一人の釣友にもヒット。なぜか私だけが蚊帳の外。あせります。

 こうなれば朝イチの8号ハリスをあきらめて、6号6Mに。オキアミも1匹掛けで自然にさそいます。1時間半ほどたったころでしょうか。ついにガツンときました!!  そこそこ引くので「今日の仕事は終わった」なんて軽口を叩いてタモ入れしてもらったら50センチのイナダでした。

 で、さらに30分ほど。今度こそドラグが出て行くなかなかの引き具合。無理をせず、でもドラグを少しずつ締めていき、そこそこ時間をかけて巻き上げて、でっぷりとしたワラサをゲット。後検で71センチ、4.5キロありました。ワラサとしては自己最高を更新しました。

 あとはワラサが口を使わなくなり、4時間ほどでイナダを1匹追加したのみ。午後1時過ぎに納竿となりました。この日は渋く、ワラササイズも船中で数匹という感じでした。ワラサフィーバーの一報からはや2週間。ちょっと遅かったのかもしれません。

 釣ったワラサはブリしゃぶに。脂もそこそこのっていて、特に腹身はなかなかのうまさ。家族にも好評でした。半身でお腹いっぱいだったので、ワラサは1匹釣れれば十分ですね。

 初ワラサだった2人の釣友の食卓も盛り上がったとのこと。ワラサ祭り、来年も行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

久々のワラサ その1

1478157891447.jpg
 単身赴任を終えて浦安に戻って半年。4年ぶりに年中行事のワラサ釣りを復活させました。

 関東の釣りオヤジが血をたぎらせて集結するワラサ祭り、結構好きなので、浦安にいるころは1年に1回は行くようにしてたんです。

 で、釣友と3人で三浦の剣崎松輪の大松丸へ。船宿さんに電話すると、午前6時半出船ですが、2時間前には来てほしいとのこと。なかなかのフィーバーぶりです。

 勢い余って午前4時過ぎに到着すると、2号船の大舳から並ぶことができました。

 4年ぶりの松輪港はちょっと閑散としてましたが、5時30分過ぎて釣り船が続々と到着すると、なかなかにいい感じに。駐車スペースはすでに一杯です。

 定刻になると船は続々と港を出ていきました。でも、この日の釣果は船宿全体で0−3匹。かなり渋かった(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

3度目の正直ならず その2

1476841268847.jpg
 下浦沖で好調に滑り出したタチウオ釣り。1時間半ほどで3匹釣り上げるも、潮止まりになるとアタリが遠くなり、後が続きません。しかもこの時期にしては型もやや小さめ。

 船長は船団ができていた観音崎沖に戻ることを決断。上げ潮に期待です。ところが、潮が速すぎ、しかも2枚潮っぽくて胴の間はおまつり多発。おまけにアタリも単発で数が伸びません。

 早くシャクったり、ゆっくりシャクったり、大きく、小さくシャクったりしましたがアタリ少なくヒットパターンは見つからず、結局、6匹で納竿となりました。

 釣り2度目の釣友は5匹。あんなにぶっとい竿で…釣果は釣り竿の良さに比例しないことを改めて実感しました。

 ライトゲームBB 8:2Hは、シャクリやすく、食い込みもなかなか。グラスソリッドなので手感度はもう一つですが、コスパの高いいい竿だと思いました。

 それと、電動リールの釣りは、楽ですが、わたし的にはいまいちだと痛感。やっぱり巻いてなんぼですね。次は苦しくても手巻きかな。

 持ち帰ったタチウオは大名下ろしで3枚に。中骨の身をスプーンですくって中落ちに。釣友に教えてもらったのですが、これがうまかった。梅しそ巻きの天ぷらもホクホクとして絶品でした。

 6匹でも食べるには十分。また行ってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

3度目の正直ならず その1

1476664834895.jpg
 5匹、8匹とこれまで今一つの釣果だったタチウオ釣り。今度こそはとタチウオ竿を新調して3度目の挑戦に行ってきました。

 お世話になったのはいつもの吉野屋さん。この日は釣り人多数で、2隻目の胴の間に陣取りました。

 タックルは悩みに悩んで新調したライトゲームBBの8:2H。これまでカワハギ竿を流用していましたが、錘負けして感度がいまいち。ライトゲームはフリフリしていい感じだったので、リベンジ間違い無しのはず。

 で、この日は釣り2回目の釣友も参加。3号手巻きのビシアジ竿です。うまく釣れるといいのですが。

 この日は大潮。観音崎沖の船団はバラけていて、下浦沖まで移動となりました。90メートルと深いので、大きくシャクってみるとほどなく1匹。好調な滑り出しとなりましたが…(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

タチウオ釣りに

1475459930617.jpg
今週末はタチウオ釣りに行ってきました。お世話になったのは金沢八景の弁天屋さんです。

この日は大潮。釣り仲間4人で左舷胴の間に陣取りました。

 今期そこそこ好調なタチウオですが、数日前から模様が不安定になってしまいました。
まあよくあることですが...。

 午前7時15分に河岸払い。錘の指定は80号。まずは観音崎沖の50メートル立ちで釣り開始。ところが! ぽつーり、ぽつーりという感じで芳しくありません。私は指4本サイズの1匹のみでした。

 1時間半ほど粘るも好転せず、船長は移動を決断。船団のできていた下浦沖となりました。90メートル立ち。ここではぽつり、ぽつりという感じでやや好転し、2時間半ほどで4匹を追加。

 この日はベイゲームのカワハギ竿を使っていたのですが、80号では錘負けして前あたりがもう一つ感知できません。針がかりを良くしようと、大きな2/0にしましたが、模様は今一つのまま。潮が緩むとアタリも遠くなり、船はあっちこっちを行き来するだけとなってしまいました。

 結局8本で納竿に。

 新しくなった電動リールのプレイズ400を使うのは、これで2回目。3万円台半ばの格安電動リールですが、使い心地はそこそこ良好でした。仕掛けの回収が主な仕事なので、パワー不足ということはありません。ただ、巻き心地は手巻きとは雲泥の差。これは高級電動リールでも同じことですが・・・

 この日の竿頭は13匹。幽霊タチウオの渋い日に当たってしまったようですが、そういう日もありますね。

 もう少しタチウオに向いた竿を入手して、近日中にリベンジしたいと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

浦安のサヨリは?

1474848857042.jpg
 週末は地元浦安で久々のサヨリ釣りをしてきました。釣り餌屋さんで聞くと、すでにポツリポツリとあがっているとのこと。新子はまだで釣れるとビッグサイズだそうです。

 チューブ式のあみコマセとジャリメを買って、いざ高洲ヘ。サヨリ釣り人3人ほど。釣れていればズラリのはずなので、あら、釣れてないかも。

 午後2時過ぎに釣り開始。2号のスーパーサヨリンにコマセを詰めてを50メートルほどぶん投げてゆっくりと巻き上げるも音沙汰無しでした。途中、常連さんと会話。昨年は20匹は釣れる好調ぶりだったとのこと。でも今日は誰もサヨリの顔を見ていないので、午後4時に納竿しました。

 サヨリは回遊魚。時々偵察して、群れが来るのを待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«初めてのイサキ釣りに